人がやるパソコン操作を「覚えて」、定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。日本生命、オリックスグループに続き、三菱東京UFJ銀行も活用。大きな成果を得ている。

 2014年春にRPAに着目し、既に約20種類の事務処理にRPAをパイロット適用する実績を持っているのが、三菱東京UFJ銀行だ。BizRobo!の導入によって、2015年中に8000時間分の事務処理作業を削減する成果を得た。

 例えば、1時間おきに社内システムにアクセスして、データをチェックし、エクセルにコピーするといった作業に、RPAを適用して自動化。あらかじめ決められた時間にロボットに処理させる機能を使って、定期的に動かすようにした。「面倒な仕事から解放されたと、担当者に喜ばれている」と、三菱東京UFJ銀行の西田良映デジタルイノベーション推進部第二グループ上席調査役は説明する。

 この成果を受けて、2015年11月から、RPAを本格適用していく取り組みを進めている。

●三菱東京UFJ銀行は2年のパイロット適用を経て、RPAの本格展開に踏み切っている
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的にはまず、BizRobo!をベースにロボットを作り込む開発標準を策定。要件定義や設計、開発、テストといった開発プロセスの作業や成果物を取り決めている。

 例えば要件定義では、現場担当者が操作するパソコン画面のスクリーンショットを取得して、各画面での操作内容や判断ポイントを洗い出す。非効率な処理を修正したうえで、ロボットに任せる処理を決めてロボット開発に移る、といったプロセスを検討している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら