「Scrum Ventures CEO Summit」の冒頭パネルディスカッションに登壇したヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーCEO(最高経営責任者)兼マネージングディレクターの西城洋志氏(右)、リクルートストラテジックパートナーズ代表兼マネージングディレクターの西条祐介氏(真ん中)、三井住友カード戦略事業部長の利田義郎氏(左)
撮影:新関 雅士
[画像のクリックで拡大表示]

 企業が自己資金で投資活動を進めるCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。国内では通信会社やネット企業を中心にCVCを設立する企業が徐々に増えつつある。通常のVC(ベンチャー・キャピタル)と異なり、事業シナジーが求められることの多いCVCがどのような活動をしているのかなかなか外からは見えにくい。

 米サンフランシスコを拠点に活動するVC、Scrum Venturesは2016年11月16日、「Scrum Ventures CEO Summit」を開催した。開催は2015年に引き続き2度目で、200名を超える参加者が集まった。この中で、Scrum Ventures創業者兼ゼネラルパートナーの宮田拓弥氏をモデレーターに、米シリコンバレーに拠点を置き投資活動を展開しているヤマハ発動機、リクルート、三井住友カードの3社が登壇するパネルディスカッション「Japanese CVCs in Silicon Valley」が開かれた。一言でCVCといっても、企業によってその目的や意義が三者三様である実態が明らかになった。

ヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーCEO(最高経営責任者)兼マネージングディレクターの西城洋志氏
撮影:新関 雅士
[画像のクリックで拡大表示]

起こりうる未来の変化を機会に変える

 「いろいろ見せてもらったけど、よく分からんかったわ」。

 ヤマハ発動機の柳弘之社長は2015年5月、2日間のシリコンバレー視察を終え、こう言葉を残して帰国の途に就いた。柳社長のアテンドをしたのは同年7月に設立するヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレー(YMVSV)でCEO(最高経営責任者)兼マネージングディレクターに就任する予定の西城洋志氏だった。

 2014年5月からシリコンバレーに常駐して拠点の立ち上げ準備に入っていた西城氏にとって、経営陣自らが今起きつつある変革の波を肌で感じもらうことが重要だとアテンドに奔走した2日間だった。「徒労に終わった」と落胆した西城氏は後で大きな勘違いをしていたことを知る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら