日々のSEの仕事に対してはどのように取り組むべきなのか。まず、SEの心構えから考えてみよう。ポイントは、「技術への好奇心」「実践力へのこだわり」「コンプライアンスの徹底」の三つだ。

 SEが持つべき心構えで筆者が最も大切だと考えるのは、「技術への好奇心」である。SEは、営業的な活動や経営判断を求められる場面も多いが、基本はエンジニアであり、ITの技術力がコアコンピタンスだ。

 技術への好奇心というと、まず思い浮かぶのは、次から次へと出てくる新しい技術や製品に対する興味だろう。3Dプリンターやドローン、ウェアラブルなど、ITは日進月歩である。ディープラーニングなど、専門家でも理解が難しい概念も次々と登場している。情報セキュリティの分野では、数年前の技術を知っていても役に立たない。バズワード的なものも多いので、好奇心と同時に技術を評価する目を養わねばならない。そのためには、旬の技術について調べると同時に、次のような問いを発する習慣を身に付けるとよい(図3)。

図3●技術への好奇心を持ち本質を捉える
[画像のクリックで拡大表示]
  • この技術、一言で言うと?
  • 何が嬉しくなるんだろう?
  • どこがよくなったんだろう?

 新技術の仕組みやパフォーマンス、何ができて何ができないかを理解することは大事だが、それ以上に、その技術の必要性やメリットを考えてみてほしい。これを積み重ねると自分の中に技術に対する評価軸ができてくる。

 新しい技術にせっかくチャレンジしたが、使いものにならなかったというケースもある。そのときは、本質的な問題か、技術の成熟度の問題かを考えるとよいだろう。技術の成熟度の問題とは、コンセプトは画期的で理に適っており、適用範囲を限定すれば使えるのだが、限界を超えるとリソースを使い過ぎてレスポンスが悪くなるようなケースである。

 画期的で役立ちそうな技術と思っても、いきなり基幹系のシステムに適用できるわけではない。一般的に新技術は、ユーティリティーなど周辺技術の整備→システム構築技術の確立→マネジメント技術の確立という順に成熟度が向上していく。このため、成熟度を見極めながら、適用業務を考えていくことが大切だ。クライアント/サーバー(C/S)技術の適用も、最初はメインフレームに蓄積されたデータを集計するような業務から始まり、情報系、基幹系へと進んでいった。

 「技術への好奇心」は、旬の技術だけでなく、アルゴリズムや開発技術に対しても持ってほしい。「コンピュータはどうやって動いているんだろう」といったコンピュータ制御やネットワークプロトコルなどの基本から、オブジェクト指向などソフトウエアの開発技術、さらには業務を実現する仕組みや構造など、知っておくべきことはたくさんある。

 技術に好奇心を持って本質を捉える習慣を身に付けていれば、新しい技術が出てきたときに、短時間で用途やメリット、デメリットが理解できる。すると、どこまで学べば使いこなせるか、案件に利用できるかといったことも分かるようになる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら