ハイパーコンバージドシステム(HCI)はPCサーバー(ノード)に、ハイパーバイザー(サーバー仮想化ソフト)、ストレージ仮想化ソフト、運用管理ソフトを搭載。ノード追加によるスケールアウトで迅速にインフラを拡張できる。今やPCサーバーはコモディティ化し、ハイパーバイザーも「VMware vSphere」や「Microsoft Hyper-V」などが調達可能。ストレージ仮想化ソフトさえ用意できれば、多くのベンダーがHCI製品を手掛けられる状況にある。

 米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)と米シスコシステムズは、いずれも自社製サーバーをHCI製品へ進化させて提供している。サーバービジネスで培った経験を生かし、新たな仮想化インフラの価値を顧客に訴える。両製品の特徴を見よう。

使い慣れたサーバーをベースにしたHPE

 「オンプレミス環境であっても、パブリッククラウドと同じようにアプリケーション実行基盤を運用できるようにする」。日本ヒューレット・パッカード サーバー事業統括本部 コンバージド・データセンター製品部の尾崎亨氏は、HCI製品の狙いをこう話す。

写真1●HPE Hyper Converged 380
(出所:日本ヒューレット・パッカード)
[画像のクリックで拡大表示]

 スモールスタートできて拡張が容易という“クラウドらしいインフラ”を作るコンセプトは、米ニュータニックス(Nutanix)に通じる(関連記事)。「サーバーCPUは性能向上が著しいし、ストレージはSSDが主流になってきた。ハードウエアのテクノロジーの進化がHCIを後押ししている」(尾崎氏)。ハードウエアが高性能になり、オンプレミス環境でクラウドのようなリソースプールを構えることが現実的になってきたというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら