セキュリティ機能を搭載したUSBメモリーは、一般的なUSBメモリーに比べるとかなり高い。しかし、なかなか購入に踏み切れず手元にあるUSBメモリーを使い続けるとしても、紛失しやすいことを考えれば何らかのセキュリティ対策が必要だ。

 そこでお薦めしたいのが、USBメモリーに「鍵」をかけて、保存されているファイルを簡単には読み出せないようにするソフトだ(写真1)。ここでは企業向けの「Windows 10 Enterprise」や、上級者向けの「Windows 10 Pro」などが搭載するドライブの暗号化機能と、無料で使える暗号化領域の作成ソフトを紹介しよう。

写真1●ソフトを利用することで、一般的なUSBメモリーをセキュアな状態に保てる
(撮影:竹内 亮介、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 10で利用できるBitLocker To Go

 まず紹介するのは、Windows 10やWindows 7/8/8.1で利用できる「BitLocker To Go」である。これは、USBメモリーなどの外付けストレージの内容を暗号化し、パスワードを入力しないと保存したファイルなどを読めなくする機能だ。仮にUSBメモリーや外付けHDDを紛失しても、拾った人がパスワードを知らなければ情報は漏洩しない。

 BitLocker To Goによるストレージの保護機能を設定できるかどうかは、OSのエディションによって異なる。Windows 10はProとEnterprise、Windows 7はUltimateとEnterpriseで利用できる。Windows 10 HomeやWindows 7 Home Premiumは、この機能を搭載していない。ただし、EnterpriseやProでなくても、BitLocker To Goで保護された外付けストレージの読み書きは可能だ。

 設定方法は簡単。エクスプローラで「PC」を開き、外付けストレージの右クリックメニューから「BitLockerを有効にする」をクリックする(写真2)。次に設定ウィザードが起動するので、BitLocker To Goを解除するパスワードや、暗号化のオプションを指定しよう(写真3)。

写真2●PCのドライブの右クリックメニューで「BitLocker To Goを有効にする」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●BitLocker To Goの設定ウィザードが起動する。最初にBitLocker To Goを解除するためのパスワードを入力する
[画像のクリックで拡大表示]

 USBメモリーに保存したファイルがまだなければ、「ドライブを暗号化する範囲の選択」は「使用済みの領域のみ暗号化する」でよい(写真4)。これはBitLocker To Goの設定後に書き込まれたファイルを逐次暗号化していく設定で、初期設定がすぐに完了する。「ドライブ全体を暗号化する」だと、初期設定にかなり時間がかかるのでお勧めしない。

写真4●USBメモリーなどの外付けストレージなら「使用済みの領域のみを暗号化する」でよい
[画像のクリックで拡大表示]

 「使用する暗号化モード」は、Windows 10をインストールしたPC以外ともファイルをやり取りする予定があれば「互換モード」をチェックする。職場のPCがWindows 10インストールモデルのみなら「新しい暗号化モード」でもよい。これらのウィザードが終わると、外付けストレージはBitLocker To Goで保護された状態になる。

 使い方も非常に簡単だ。BitLocker To Goを設定した外付けストレージをPCに挿すと、パスワードの入力を促されるので、設定したパスワードを入力しよう(写真5)。すると、通常のUSBメモリーのような感覚で読み書きできるようになる。パスワードを入力しない限り、外付けストレージ自体にアクセスできない状態である(写真6)。BitLocker To Goは、設定が簡単で使い方もシンプルなので、お薦めの方法の一つだ。

写真5●外付けストレージを挿して表示されるダイアログからパスワードを入力して、BitLocker To Goによる保護を解除する
[画像のクリックで拡大表示]
写真6●BitLocker To Goで保護された外付けストレージをPCに接続しても、ドライブ自体にアクセスできない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら