最新のRed Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)/CentOS 7を用いてSambaファイルサーバーを構築しながら、“本格的”なサーバー構築・運用に必要な手法を学びましょう。今回は、Sambaの導入とユーザー管理について解説します。

 Linuxのインストール方法やコマンドの使い方は分かった。でも、実際に業務で使用するサーバーとなると、何を考えて構築すればよいのかよく分からない ――。そんな悩みを解消する連載です。オフィスや家庭の共有ファイルサーバーを題材に、RHEL7/CentOS7をベースにしながら、業務を意識した“本格的”なサーバーの構築・運用方法を解説していきます。

 連載を通して学ぶ内容は、図1の通りです。図2の全体像からなる環境を順番に構築していきます。前回は、Sambaサーバーの「保存ファイル」領域について、論理ボリュームマネジャー(LVM)を利用してボリュームグループ「vg_data01」を作成した上で、その中に表1の論理ボリュームを作成しました。今回はSambaを導入して、Windows PCから、これらの領域に個人ファイルと共有ファイルを保存可能にします。

図1●本連載で学ぶ内容
[画像のクリックで拡大表示]
図2●構築環境の全体像
[画像のクリックで拡大表示]
表1●前回作成した論理ボリューム
論理ボリュームマウントポイント説明
lv_personal01/personal個人ファイル保存用
v_shared01/shared共有ファイル保存用
lv_snap01/snapshot共有ファイルのスナップショット

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら