ユーザー企業の間でパブリッククラウドサービスの活用が進んでいるが、ユーザーが自社内にノウハウを持っていない場合、クラウド上でのシステム構築を成功させるため、SIベンダーの協力が必要になる。

 クラウドSIベンダーを選定するうえで参考になるのが、クラウドベンダーのパートナー認定制度だ。日経コンピュータ2016年3月17日号の特集「破壊的クラウドSI」では、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft AzureのSIパートナー174社をまとめた(関連記事:強いベンダー174社)。

 前回は2016年3月6日時点の情報を掲載した。AWSのSIパートナーは「コンサルティングパートナー」として分類される。実績に応じて「プレミア」「アドバンスド」「スタンダード」とランク付けされている。国内のコンサルティングパートナー数は、準備段階にある企業を除くと前回133社だったのが、今回は138社と微増した。半年間で12社が新規に認定された一方で、7社が認定から外れている。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンによると「2016年1月時点からパートナー要件や認定基準に変更は無いが、制度運用を厳格化した」という。2016年4月から毎年各パートナーの登録月に要件を見直し、認定されているランクに残留できるかどうかを判定。3カ月の猶予を設けた後、ランクをダウングレードする仕組みを実施している。

 前回と比較すると、キヤノンITソリューションズ、テラスカイ、TOKAIコミュニケーションズは、スタンダードからアドバンスドに昇格した。一方、ウルシステムズのようにアドバンスドからスタンダードに変わったベンダーもある。

 特定領域で強みを持つパートナーを認定する、「コンピテンシー」と呼ぶ仕組みについては、「マイグレーション(移行)」と「政府・公共」を追加した。プレミアとアドバンスドではクラスメソッド、アイレット、サーバーワークス、FPTジャパンがマイグレーションのコンピテンシーを取得している。

 「マネージドサービス」や「ガバメントリセラー」など、特定分野のパートナープログラムも展開する。マネージドサービスの認定基準は、2016年4月から監査項目を拡張した。取得済み企業のほかに、プレミアではTIS、アドバンスドではNECとNTTデータがそれぞれ新規に取得している。

 AWSでは「ユーザーから見た検索のしやすさを重視し、コンピテンシー取得を増やす方向でパートナー制度を推進している」(アマゾン ウェブ サービス ジャパン)。検索システムの改善やパートナー支援の充実も実施予定だ。ここでは、コンピテンシーや特定分野のパートナー制度への参加状況も含めて、AWSのコンサルティングパートナーをまとめた。まずはプレミアパートナーだ(表1)。

表1●AWSのコンサルティングパートナー(プレミア)
[画像のクリックで拡大表示]
AWSのコンサルティングパートナー検索サイト英語版(http://www.aws-partner-directory.com/PartnerDirectory/PartnerSearch?type=SI)にて、「Country」を「Japan」に指定して検索した結果。2016年10月27日時点の情報を同サイトでの表示順に掲載。以下、同じ。※富士通システムズ・イーストは2016年11月1日より富士通に吸収合併

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら