ここからは「保管」「移動」「ピッキング」「出荷・配送」という物流業務の4ステップのそれぞれで、ロボットが活躍している現場を見ていこう。まずは「保管」。富士物流(東京・港)は時間も労力もかかる棚卸し業務をロボットに任せている。


 川崎市の沿岸部にある富士物流の京浜物流センターの一角。ずらりと並んだ棚には、同社が顧客企業から預かった直管形のLEDランプが整然と積み上げられている。この棚の間を、両側面にキリンの顔や体の模様のパネルを4枚ずつ貼り付けたロボットが、しずしずと動き回る。時折首を高く伸ばす様子もあたかもキリンのようだ。

 このロボットは富士物流が開発した棚卸しロボット、愛称「ロジらふ」。パネルは実はアンテナで、LEDランプのパッケージに貼り付けられたRFID(無線ICタグ)ラベルと通信している。在庫管理システムから取り込んでおいたデータと照合し、在庫が過不足なくそろっているかを日々確認する。

富士物流では「棚卸しロボット」がRFIDラベルを読み取り在庫管理
[画像のクリックで拡大表示]

14時間半かかる作業を30分で

 富士物流は、メーカーなどの顧客から商品を預かり、小売店などからの注文に応じて出荷、配送している。そのため倉庫では頻繁に棚卸しを行い、システム上の在庫とズレがないかを確認している。

 棚卸しはかなりの激務だ。棚から商品を下ろし、バーコードをスキャナーで読み込む。高い場所に保管された商品を取り出すのは一苦労で、1万本のLEDランプの棚卸しには平均14.4時間かかっていた。

 RFIDとロボットの導入で、この手間が劇的に軽減された。ロボットが備える片側4枚のアンテナが、0.4秒に1回RFIDと通信して個体を認識する。商品が高い場所にある場合は首を伸ばして読み取る。

 ロジらふの下部に取り付けた距離センサーが、棚との距離を一定に保つので、方向が狂ってぶつかる心配はない。棚の端まで達すると、「棚情報」と「移動指示」を著したQRコードを読み取り、方向を変える。こうして倉庫スペース内を一筆書きルートで巡回し、元の位置に戻ってくる。その間わずか10分だ。

 作業を終了したロジらふは、読み取ったデータを在庫管理システムに照合する。データが全部ピタリと合っていれば棚卸し完了だが、現時点では読み取り精度は100%ではない。棚の位置と商品をひも付けて管理しているため、データと一致しなかった商品の位置が即座に分かる。

 そこから先は人の出番だ。担当者は読み取れなかった棚の位置を確認し、ハンディスキャナーでRFIDを読み取る。こちらも非接触で通信できるので、商品をいちいち棚から下ろす必要はない。

読み取れなかった商品は人手で補完
棚ごとに読み取り完了率を表示。漏れがあった棚は人がハンディスキャナーで再度読み取る
[画像のクリックで拡大表示]

 人手の作業を含めても、棚卸しにかかる時間は30分。従来の約29分の1に短縮できた計算になる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら