相次ぐ標的型攻撃。どのような企業・団体にも、標的型攻撃を狙った怪しいメールが送られてくる可能性がある。従業員から「怪しいメールを受け取った」と報告を受けたセキュリティ担当者はどうすればよいか。被害を最小限に抑えるための対応手順や心構えを解説する。

出典:日経NETWORK 2016年3月号 pp.30-35
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。