ITと、それを活用するビジネスの要求は、いま想像以上に動きが速い。中心となって対応すべき若手ITエンジニアは、どのように自らを磨くのか、あるいは育成側はどう対応すべきなのか。楽天で若手育成を任される川口恭伸氏が経験から得た知見を伝える。

出典:日経SYSTEMS
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。