2016年は「VR元年」と言われている。その理由は、相次いでヘッドマウントディスプレイ型のVR装置が登場したためだ(写真1)。

写真1●VRを実現するヘッドマントディスプレイの例。写真は「HTC Vive」
(写真提供:HTC NIPPON)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年に入り、米Oculus VRの「Oculus Rift」や台湾HTCの「HTC Vive」など、10万円前後のヘッドマウントディスプレイ(HMD)型のVR装置が相次ぎ登場した。さらにスマートフォンを使ってVRを実現する「VRゴーグル」も1000円程度から続々と登場。Amazon.comなどの通信販売や家電量販店で手軽に入手できるようになった。そして遂に2016年10月13日にソニー・インタラクティブエンタテインメントがHMD型装置「PlayStation VR(PS VR)」を発売。税抜き価格で4万円台からという手ごろな価格で、HMD型VR装置への注目が一気に高まった。

業務利用も既に始まる

 装置の普及と並行して、これまでゲームなどのエンタテインメント中心だったVRを業務に適用する企業も増えてきた。

 その代表例が大京穴吹不動産の「ぐるっとネットdeオープンルームVR」のようなマーケティング用途だ。不動産の物件見学のほかに、旅行代理店が旅先の魅力をアピールするためのVRコンテンツを作成したり、自動車のディーラーが様々なオプションを付けた内装を体験できるVRコンテンツを作成したりと活用が始まっている。

 マーケティング用途のほかに多いのが、「教育・訓練用途だ」とVRの導入を支援する富士通の畠中靖浩氏(統合商品戦略本部 ソフトウェアビジネス推進統括部 VR/ARソリューション推進部 部長)はこう話す。同社では設備メンテナンスの技術者を育成するためのVRアプリケーションを顧客企業と共同で開発した。「VRの適用分野を絞る際に最も重要なのは、『実現したいと思っても、実現が難しかった分野』は何かを考えることだ」と畠中氏は強調する(図1)。

図1●VRの業務への応用例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら