2015年8月から異業種と提携を重ねてきた産業用ロボット大手のファナック。「エッジヘビー」のコンセプトで、工場向けIoT(インターネット・オブ・シングズ)プラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive (FIELD) system」を開発、2016年12月末に提供開始する。同社が描く製造業の未来には、何が映し出されているのか。ファナック 代表取締役会長 兼 CEO(最高経営責任者)の稲葉善治氏に聞いた。

(聞き手は岡田 薫=日経コンピュータ

ファナック 代表取締役会長 兼 CEO(最高経営責任者) 稲葉善治氏
1948年7月23日生まれ。1983年9月、ファナ ック入社。ロボショット研究所で電動射出成形機「ロボショット」の研究開発に携わる。2003年6月に代表取締役社長に就任。2016年4月に「FANUC Intelligent Edge Link and Drive (FIELD) system」の開発を発表。Preferred Networks(PFN)、シスコシステムズ、ロックウェル・オートメーション、NTTなどと協業を進める。2016年6月から現職。(写真:今吉 光子)
[画像のクリックで拡大表示]

FIELD system関連の売上高は数千億円を見込んでいると聞いています。新たな分野に進出するということでしょうか。

 MES(製造実行システム)やSCM(サプライチェーン管理)といった分野を手掛けるつもりはありません。インダストリー4.0はそういう方向に向かっているわけですから、ちょうどすみ分けができると考えています。

 私どもはあくまでも、エッジヘビーなシステムの構築に注力します。それに対してインダストリー4.0は、クラウドとうまく接続して、統合することによって非常に強力なシステムになると考えているのではないでしょうか。

 クラウドを使った考え方のソリューションは当社も開発、提供しています。1つの実例がZDT(ゼロダウンタイム)です。FIELD systemに先行して開発しました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら