産業用ロボット大手のファナックが2016年12月末に提供開始するIoT(インターネット・オブ・シングズ)向けのプラットフォーム「FIELD system(FANUC Intelligent Edge Link and Drive system)」。クラウドとエッジを連携させつつ、エッジ側の比重を高めたIoTのアーキテクチャーをFIELD systemでは「エッジヘビー」として打ち出している。一般に「エッジコンピューティング」と言われているアーキテクチャーだ。

 ファナックはFIELD systemのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を8月29日に公開している。ヒルトン東京お台場(東京・港)でパートナー企業向けに開催した「FIELD system Partner Conference」で製造業やITベンダー約200社を集め、技術説明会を開いた(写真)。

写真●8月29日に開かれた「FIELD system Partner Conference」の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 同日の参加企業を見ると、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車などの自動車メーカーがユーザー企業として参加。日立製作所、富士通、NECなどのITベンダー、NTTやKDDIなどの通信事業者なども名を連ねた。

 「IoTを取り巻く世界の大きな潮流に対する答えとして、当社が開発してきたプラットフォームに参加してほしい」。APIを公開した狙いについて、登壇した稲葉善治 代表取締役会長 兼 CEO(最高経営責任者)はこう呼びかけた。

 FIELD systemの特徴はオープンなプラットフォームであること。他社の工作機械もつなげられる。パートナー企業はFIELD system上で動作する様々なアプリケーションを自由に開発できる。ITベンダーが参加する狙いはここにある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら