条件の4と5を紹介しよう。

条件4
プロマネ必須の技1「WBS」を使いこます

 では、ハードスキルは重要ではないのかといえば、もちろんそんなことはない。プロマネの基盤となるのはハードスキルである。ハードスキルが不足していては、そもそもプロマネとは呼べない。知識だけでなく、実践力を伴うスキルを身に付けたい。

 ただし、ハードスキルは多岐にわたる。PMBOKガイドが提供する10の知識エリアのそれぞれに、さまざまなPM技法がある。まずは、スコープマネジメントの観点から、プロジェクトの道しるべとなる「WBS」を使いこなそう。

 WBSは、プロジェクトの成功に大きく貢献する技法だ。「目的を達成するために必要な作業(Work)を、漏れなく分解(Breakdown)し、構造化(Structure)して見える化する」技術である。

 WBSは一般に、ツリー形式、もしくはリスト形式で階層構造を表す。このWBSは作業の抜け・漏れ、重複を防止し、スケジュール、コスト、品質など、さまざまな計画のベースとなる、プロジェクトの要である(図4)。

図4●プロジェクトの要になるWBS
[画像のクリックで拡大表示]

 では、WBSはどのように作ればよいのだろうか。ここでは、プロマネとして押さえておくべき四つの定石について紹介しよう。

 定石1は「ローリングウェーブ計画法を使う」である。ローリングウェーブ計画法とは、段階的詳細化のことだ。ソフトウエアの開発が伴うプロジェクトでは、不確定要素が多く、先の作業がなかなか見えてこない。こうした場合、今から着手する上流工程のWBSは詳細に作り、下流工程のWBSは粗く作っておく。そして、上流工程で仕様が明らかになった段階で、下流工程のWBSを詳細化する。これがローリングウェーブ計画法である。

 定石2は「ツリー形式はアウトライン作成時に利用する」である。WBSの表記は、一般にツリー形式、もしくはリスト形式で記述する。ツリー形式のよいところは、直感的かつ鳥瞰的に理解しやすい点である。一方、リスト形式のメリットは、スケジュールや役割分担の作成につなげやすい点だ。

 このためツリー形式は、チームで相談しながらWBSを作る際(アウトライン作成時)などに思考ツールとして利用すると効果的である。出来上がったWBSは、表計算ソフトを使ってリスト形式にまとめ、プロジェクト計画につなげていく。

 定石3は「成果物とプロセスに着目して作業を分解する」である。作業を洗い出す際には通常、最上位の作業からトップダウンで分解する。その際、まず成果物かプロセスのどちらかの視点を決めて作業を洗い出し、その後、もう一つの視点に変えて作業を補足していくのがセオリーだ。

 成果物ベースの分解は、上位の成果物(サービスを含む)とその構成要素(部品やサブシステムなど)の関係に従って作業を洗い出す。これに対してプロセスベースの分解は、時間軸(作業の進め方)に沿って作業を洗い出していく。ローリングウェーブ計画法で進めるときにはプロセスベースで分解していくのが有効である。

 定石4は「100%ルールを満たす」である。作業の分解に当たっては、漏れなく洗い出すために「100%ルール」が大切である。つまり、親子関係の「子」に当たる作業の集合が、その上位の「親」の作業内容を網羅するように作るわけだ。

 100%ルールは、WBSのすべての階層に適用される。従って、作成したWBSについては100%ルールを満たしているかどうかを必ず確認しよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら