大阪ガスは社員のデータリテラシー研修にグループを挙げて力を入れている。基礎講座の受講者は1000人を超え、ビジネスの現場で早くも成果を上げる。最上級編の今回はエクセルでの分析にとどまらず、統計解析ツールも用いて高度な分析を試す。

 大阪ガスの研修受講者は過去に初級・中級と上級コースAを体験済みだが、上級コースBは難易度が大きく跳ね上がる(写真)。使う道具もエクセルだけでなく、統計解析ツールに広がるのがこれまでとの違いだ。

写真●上級コースBの研修の様子。エクセルだけでなく、統計解析ツールも使う。講師は神戸大学の日置孝一氏
[画像のクリックで拡大表示]

 研修はいきなり各論から入る。最初は集計結果からの有意差の見分け方だ。初級・中級で学んだ「クロス集計」の結果から、有意に大きい(または小さい)箇所を客観的に見分ける方法「カイ二乗検定」を習得する。カイ二乗値とはクロス集計表全体で、実績値と期待値にどれだけのかい離があるかを示すものだ。

 例えば、ある商品の売れ行きが、その地域や機器の違いを差し引いても「A地域における商品Xの販売は好調だ(または不調だ)」といえるかを検証する(スライド1)。解決の方針としては、人口や顧客数といった地域ごとの違いと、普及率や市場規模、買い替えサイクルといった商品ごとの違いによらず、単純に期待される「A地域の商品Xの販売数」(期待値)を推定し、実績値と比較して、販売の好不調を確認する。

スライド1
各スライドは大阪ガスグループと日置氏が共同で作成
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでは、京都と兵庫、大阪の3都市で、ロードレーサーと軽自転車、マウンテンバイクの3種類の自転車のクロス集計結果を基に、それぞれの期待値を算出する(スライド2)。すると大阪でのロードレーサーの実績値は期待値を上回っていることが分かった。

スライド2
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら