大手携帯電話事業者を超える顧客満足を目指す──。2016年初め、MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「楽天モバイル」に関する会見で楽天の幹部はこう宣言した。勢いはある。調査会社のMM総研によると2016年3月末、同社は格安スマホを提供するMVNOシェアで3位に躍り出た。原動力は何か。大尾嘉宏人・執行役員 楽天モバイル事業長に聞いた。

(聞き手は高槻 芳=日経コンピュータ

 

携帯大手や他のMVNOとの違いは。

楽天の大尾嘉宏人・執行役員 楽天モバイル事業長
[画像のクリックで拡大表示]

 当社が手がける電子商取引(EC)やクレジットカード、スマホなどの利用でたまる「楽天スーパーポイント」が軸だ。2016年夏から、1ポイントにつき1円として楽天モバイルの支払いに充当できるようにした。

 現在約160万人いる当社サービスのアクティブユーザーは、1カ月に平均1350ポイント以上を獲得している。例えば、楽天モバイルで音声通話付きのSIMカードは月額1250円(税別)から使える。この基本料金が、ポイントで支払えば実質的に無料になる。  楽天モバイルの開始当初から、こうしたサービスを目指してきた。MVNOの多くは携帯大手のスマホ料金に対して「月々の支払いが半額以下になります」といったアピールをしてきた。だが、楽天スーパーポイントを軸に「楽天経済圏」を活用してもらえば、「今月のスマホ料金はいくらだろう」と気にせずに済むようになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら