新しい住まいやライフスタイルに関する情報を掲載するWebサイト「HowScope(ハウスコープ)」の開設1周年イベントで、『社食を通じてみる、新しい場のつくり方』という題でトークセッションが開催された。2017年11月21日、スマートニュースの社員食堂「SmartKitchen(スマートキッチン)」でのことだ。

 スピーカーは、スマートニュースの冨田憲二氏、ヤフーの沼田瑞木氏、太陽ホールディングスの尾身修一氏、大手印刷会社(社名非公開)の小薗誠氏の4人だ。司会は、HowScopeを運営するamidusの坂井裕之氏が務めた。

左から、スマートニュースの冨田憲二氏、ヤフーの沼田瑞木氏、太陽ホールディングスの尾身修一氏、大手印刷会社(社名非公開)の小薗誠氏
(撮影:名久井 梨香、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで「社員食堂」というと、値段は安いものの、味はそこそこ、といったイメージがあった。しかし最近のIT企業では、さまざまなスタイルで、こだわった食事や心地良さを重視した空間設計に取り組んでいる。トークセッション冒頭では、スピーカーが在籍する各社の社食について説明があった。

 スマートニュースは2015年に、東京・渋谷にある神宮前オフィス2Fに社食を設けた。基本はイベント向けのスペースを、昼の時間帯だけ社食として活用している。料理は、渋谷区桜丘町にあるカフェ「daylight kitchen(デイライトキッチン)」のスタッフが、3階の執務スペースにあるキッチンで調理する。このカフェは、スマートニュース創業時のオフィス近隣にあったのだという。

 「『社員に健康的な食生活を』『コミュニケーションの活性化を』という創業者の想いから、福利厚生の一環として社食を用意した。業者を選ぶに当たっては、当時の社員の多くが『daylight kitchen』の料理を好きだと言っていたので、思い切って社食を作ってくれないかと相談した。そうしたら、スマートニュースのために社食事業を立ち上げてくれた」(冨田氏)。

 特徴は、契約農家から仕入れた無農薬野菜を使用しているところ。社食は無料で、人気メニューはカレーライスだという。「月1回程度カレーが出る。スパイスを調合するところから作っていて、毎回違う味のカレーが提供される。同じカレーは2度と出てこない」と冨田氏は話す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら