社員食堂は「食事をとる」という目的以外にも、社員同士のコミュニケーションを図るための場として重宝されているようだ。中には、社食とはちょっと異なる飲食スペースを設ける企業もある。そんな企業の一つが、グループウエアを手掛けるサイボウズだ。

コミュニケーションのためのBAR

 サイボウズの本社は、東京メトロ日本橋駅から直結の東京日本橋タワーにある。同社が入居するのは、ビルの27階の一部と28階だ。本社では現在、派遣社員も含め約350人の社員が働いているという。

サイボウズ本社オフィスの入り口
(撮影:北山 宏一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「後楽園からこの日本橋に本社を移転したのは、2015年7月のこと。その際、『なぜ高い家賃を払ってまで新オフィスを作るのか』と議論を重ねた。導き出した答えは、社員、パートナー、クライアントと気軽にコミュニケーションを取るため、だった」。

 こう話すのは、事業支援本部人事部の松川隆マネージャーだ。国内外のIT企業を視察し、1年ほどかけてオフィスの構想を練ったという。そして決定したのは、よりコミュニケーションがとれる「BAR(バル)」の導入だ。27階に設置した。

サイボウズ本社にある「CYBOZU BAR」
[画像のクリックで拡大表示]

 スペインでBARというと、昼はコーヒーを飲み、夜はお酒を飲むという2つの顔を持つ。そこからヒントを得て、昼間は社員が食事をとり、プロジェクターやテレビ電話で打ち合わせをする、夜はセミナーや懇親会のスペースとして、キッチンで料理した食事やお酒を提供できるようにしたという。

BARのテーブルでは食事も会議もできる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら