コストパフォーマンスに優れる2Tバイト、3Tバイトモデルならともかく、4Tバイト以上の外付けHDDの実勢価格はかなり高い。デスクトップPCや自作PC向けの内蔵用3.5インチHDDなら少し安く手に入るが、ノートPCでは組み込むスペースがない。

 価格の安い「HDDケース」と、値ごろ感のある内蔵用の大容量HDDを組み合わせることで、割安な外付けHDDを作ることができる。今回は、こうした外付けHDDケースの利点と使い方を紹介する。

外付けHDDケースには、3.5/2.5インチHDDを組み込める据え置き型と、2.5インチHDD/SSDを組み込めるモバイル型がある
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

必要な容量の外付けを安く作れる

 大手周辺機器メーカーの外付けHDDは購入してすぐに使える半面、内蔵用の単体HDDに比べてやや割高だ。内蔵用HDDは、PCに元からあるHDDを交換したり、増設用スペースに追加するためのパーツであり、Serial ATAインタフェースと電源を接続して使う。外付けHDDケースは、内蔵用のHDDを組み込んで使う製品だ。Serial ATAをUSBに変換するチップを搭載しており、ノートPCにも簡単に接続できるようになる。

 最初からHDDが入った製品を買わずに、ケースと内蔵ドライブを分けて買うメリットはいくつかあるが、最も大きな要因は導入コストだろう。

 例えば据え置き型の外付けHDDは、6Tバイトモデルだと安くても3万円前後が主流である。しかし3.5インチの内蔵HDDは、最安モデルが2万2000円前後で購入できる。外付けHDDケースの安価な製品は2500円前後。HDDの容量が大きいほど、外付けHDDとの価格差は広がり、「お得度」は増す。

外付けHDDケースは、単体ではストレージとして利用できない。必ず内蔵HDDを組み込む必要がある
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

 HDDケースは、当然だがドライブの交換は自由にできる。容量が足りなくなったり、動作が不安定に感じたらHDDを交換すればよい。もし、手元に余っているHDDがあれば、それを使うこともできる。余り物HDDを流用するなら導入コストはさらに下げられる。

その外付けHDDケースがどの容量までサポートするかは、スペックシートなどで確認できる
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら