企業の規模や事業の変化に合わせて、どんなIT人材を採用すべきか。急成長するスタートアップならずとも、悩むテーマだ。Supershipの山崎大輔CTOは、母体企業の成長過程で多様なモチベーションを仕事の原動力にする人材を生かしてきたエピソードを披露。自社の成長段階に応じて、どんな採用活動を展開してきたか、3人のCTOが苦労を語り合った。

(聞き手は玉置 亮太=日経コンピュータ


採用すべき人材の条件として、「企業文化に合うかどうか」を挙げる企業が多いように思います。みなさんの会社で求める人材の「条件」のようなものはありますか。

左からグリーの藤本真樹氏、Supershipの山崎大輔氏、クラウドワークスの弓山彬氏
(撮影:陶山 勉、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

藤本 仕事としてただ指示されたものを作ってきましたという人よりも、モノを作るのって楽しいよねと思っている人を採りたいですね。

 企画したりアーキテクチャーをデザインしたり、実装して、バックして、テストを書いてテストをして、リリースして、お客さんからフィードバックをもらったり、喜んで。モノ作りってすごくいろいろなプロセスがあるじゃないですか。こうした一連のプロセスを経験したことのある人のほうが、やっぱり採用しやすいと思います。

 学生さんでもそう。極端に言えばホームページを作ってうれしかったとか、そういうのでもいいかもしれない。そのどこが楽しい?みたいなことを、面接で詳しく聞きますね。

起業まもないころは「特殊能力」を求めていた

山崎 昔と最近で採用する人材の条件は変わってきています。昔は特殊能力を持った人みたいなのを集める必要がありました。何かこの領域だけ得意だけどほかはだめ、みたいな。

弓山 スケールアウト、すごい面白い人たちいたよね(笑)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら