100円ショップは先に紹介したセリア、ダイソー、キャンドゥ、ワッツといった4大チェーン店以外にも多数ある。その中から、ローソンストア100、ダイコク ドラッグ、ザ・ハンドレッド・ストアーズの3店舗で見つけたデジタルグッズを紹介しよう。

ローソンストア100の光る充電ケーブル

 ローソンストア100は、ローソンの子会社が運営する100円ショップ。店舗はコンビニエンスストアらしい店構えで、野菜や果物、カップラーメンや菓子といった食料品が多く並ぶ。一部はコンビニと同じ価格だが、多くの商品を108円で購入できる。もちろんほかの100円ショップと同様に、生活雑貨やデジタルグッズも販売されている。その中から2つのデジタルグッズを紹介しよう。

ローソンストア100は元々「SHOP99」という名称で店舗を展開していた。総店舗数は1000店(2010年3月現在)もあるという
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは「スマートフォン用充電光ケーブル」だ。スマホ充電用のUSBケーブルは100円ショップの定番製品で100円ショップにはいろいろな製品があるが、このケーブルは充電中にコネクターが派手に光る。

「スマートフォン用充電光ケーブル」はローソンストア100で購入した。価格は108円
[画像のクリックで拡大表示]

 充電中は赤色に、充電が90%以上完了すると緑色に光り、充電状況を知らせる。充電状況を知らせるLEDなどがないタブレットやデジカメなどを充電するときに便利だ。

 パッケージには「1A対応」と記載されているが、タブレットを充電してその電流を調べたところ、1.9A程度だった。充電用のUSBケーブルとして十分の実用性だ。パッケージに特に記載は無かったが、データ通信にも利用できた。

スマホに挿し充電が始まるとコネクター部分が光る。赤色が充電中で、緑色が充電完了を示す
[画像のクリックで拡大表示]

 次に紹介するのは「スマートフォン用充電アダプタ タッチペン型」だ。樹脂で覆われたストレート形状のmicroUSBケーブルに、タッチペン形状のキャップが付属していて、ケーブルにキャップを取り付けるとタッチペンとしても利用できる優れ物だ。

「スマートフォン用充電アダプタ タッチペン型」はローソンストア100で購入した。ストレート型のUSBケーブルでキャップをつけるとタッチペンに変身する。価格は108円
[画像のクリックで拡大表示]

 タッチペンとしても使い勝手が良く、画面の上をなめらかに滑る。誤反応もなく、通常も操作はもちろん、ゲームにも活用できそうだ。

 ケーブルはストレート形状で折り曲げられないのであまり自由がなく不便だ。ただ、ケーブルを持ち運びたくない、または忘れたというときに重宝しそうだ。充電専用で、通信ケーブルとしては利用できない。

キャップをつけてタッチペンとして使ってみた。角形で指によくなじみ、つかみやすい
[画像のクリックで拡大表示]
ケーブルは樹脂製で固く、曲がらないため、スマホなどを充電すると卓上にスペースがかなり必要となりそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら