ワッツは、ワッツのほかにミーツやシルクといった店舗も展開する100円ショップチェーン。系列の100円ショップは1028店舗もあり、地域の個性にあった店舗デザインや品ぞろえが特徴だ。今後はミーツやシルクといった店舗名を、徐々にワッツに切り替える予定という。

 ワッツ系列ではデジタルグッズも多く売られており、ほかの店舗にはない製品も多く見られた。今回はワッツやミーツ、シルクなどで売られていたデジタルグッズをランキング形式で紹介しよう。

ワッツのほかにミーツやシルクという店舗もあり、系列の店舗数は合計で1000店舗を超える
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

5位:充電ツインケーブル

 5位に選んだのは「充電ツインケーブル」だ。パソコンのUSB端子を2個に分離することで、2台のUSB機器を同時に充電できる。

「充電ツインケーブル」は1個のUSB端子から、2個のUSB端子に分離するケーブルだ。価格は108円
[画像のクリックで拡大表示]

 USB端子を2個に分離するため、1台当たりに流れる電流は少なくなり、充電時間が長くなるデメリットがあるものの、2in1ノートなどでUSB端子が少なく、スマホやデジカメなど複数のUSB機器を充電したいときに便利なケーブルだ。

 ただし、ケーブルは充電専用でデータ通信には利用できないので注意したい。

1個のUSB端子から2台のスマホを同時に充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら