ダイソーは、国内に約3000店、海外の26の国・地域に約1500店(ともに2016年3月現在)の店舗を持つ、100円ショップチェーン店の最大手。ほかの100円ショップチェーン店よりも、ダイソーが企画したオリジナル製品が多いのが特徴だ。

 その中には、108円製品だけでなく216円や324円、中には1000円程度の製品なども店舗に並んでいる。デジタルグッズも200円以上の製品が多くあり、マウスやUSB電源アダプターなど、ほかの店舗に無いものもある。

 今回は、ダイソーで販売されている秀逸なデジタルグッズをランキング形式で紹介しよう。

ダイソーは世界に約4500店舗もある巨大100円ショップチェーン店。ピンクの看板が目印だ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

5位:モバイルフォンスタンド

 5位は、「モバイルフォンスタンド」を選んだ。スマホやタブレットを縦に設置できる台座だ。台座にmicroUSB端子が組み込まれており、モバイルフォンスタンドのUSBケーブルをパソコンや充電器につなげば、USB通信や充電をしながらスマホやタブレットを立てておける。

ダイソーの「モバイルフォンスタンド」。写真の黒色のほかに白色も売られている。価格は108円
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホやタブレットの純正オプションとして用意されているスタンドよりも、かなり安く購入できるのが魅力だ。ただし、スタンドは余裕をもって作られているためか、薄いスマホやタブレットを設置すると、スマホやタブレットと台座にかなり隙間ができ、少々不安になる。

 また、スマホに分厚いケースが付いていると、台座のmicroUSB端子がスマホのmicroUSB端子の奥まで挿さらず、通信や充電ができないこともあった。筆者が購入した製品に樹脂にバリも残っていたのも気になる。これらの点がやや残念だ。

台座にはmicroUSBのオス端子が組み込まれており、スマホやタブレットを充電しながら設置できる
[画像のクリックで拡大表示]
底面にゴムの台座が4つ付いているためか、安定している。USBケーブルの長さは約63mm
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら