炎上を繰り返し、ドキュメントの必要性が身にしみてきたプロジェクトマネジャー(PM)の宇佐木さん。

 同期のSE虎岡さんや、後輩のPM補佐である鹿野さんのサポートもあり、ドキュメントについて学び始めました。

宇佐木:うーん。ドキュメントと言われても何を書けばいいか分からないし、この本には具体的なサンプルが載ってない。なかなか難しいねぇ。

鹿野(PM補佐):必要なドキュメントを箇条書きに書き出して、助けてくれるドキュメントを優先して作ってみればいいんですよ。

宇佐木:そうは言ってもねぇ…。もうちょっと勉強しないと書けないよ。

鹿野(PM補佐):勉強勉強言ってる間に、プロジェクトが終わっちゃいますよ!

SE虎岡:ウサさん!博物館から連絡で、また仕様と違うって。

宇佐木:あれ?画像も直ったのにねぇ。

SE虎岡:とにかく、打ち合わせしたいということだから、午後から行こう。

鹿野(PM補佐):仕様と違うって、どこが違うんですか?

SE虎岡:PDFのダウンロードアイコンが、恐竜になってるけどアンモナイトのはずだって。あと、タイトルのフォントサイズが小さいって言ってる。他にも色々あるみたいだ。

宇佐木:アイコンは、恐竜にするって決まったはずだよ!途中で、運営委員会がアンモナイトにしたらどうかって言ってきたけど、館長さんの鶴の一声で恐竜に戻ったはず。

鹿野(PM補佐):タイトルのフォントサイズも、これ以上大きくすると二行になりますけどどうしますか?と確認とったんですけどね。

SE虎岡:鹿野君、その時の議事録午後までに用意して。

鹿野(PM補佐):アイコンの方はありますけど、フォントサイズは電話だったのでないと思います。

SE虎岡:うわー、それはまずいよ。

宇佐木:まずいの?

図3-1●議事録はあるの?ないの?
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら