第4回では、Windows Subsystem for Linux(以下WSL)を使う上での環境整備などを解説する。WindowsのコンソールとWSLの相性や日本語表示時の表示の問題などがある。

 コンソールの問題はいくつかの解決策を挙げるが、具体的な方法としてはUbuntu Linuxにおけるアプリインストールの方法の解説を兼ねて、X Windowを導入してみることにする。

WSLのコンソール問題

 WSLを使って最初に気になるのが、カラー表示したときに青で表示される文字の輝度が暗く、ディスプレイなどによっては非常に読みにくくなる点だ。ディスプレイの特性や輝度設定によっても異なるが、基本的に「青」自体の輝度が低く、カラー表示を行うlsやviなどの表示で文字が読めないことがある。

 Windowsのコンソールは、VT100互換のエスケープシーケンスを処理できるようになったが、このエスケープシーケンスでは、文字色の指定は8色で、高輝度と通常輝度を別に指定して16色表示を行える。このとき、高輝度の「青」がかなり暗い設定値になっているためだ。これはコンソールのプロパティ(画面1)やレジストリで16色のRGB値は設定可能。ただ、RGB値による設定であるために直感的ではないかもしれない。

画面1●WSL内では色付きの文字の輝度が低く見にくいことがある
[画像のクリックで拡大表示]
画面1続き●プロパティの画面の色タブにある、カラーパレットを選択してRGB値を変更することで、表示色を変えることができ、見やすい色に変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本語表示は不可能ではないものの、エスケープシーケンスを利用したとき、カーソルが本来出るべき場所の手前あたりに出てしまい、一時的に文字が崩れたように見えることがある。カーソルが別の行に移ると表示が回復したり、あるいは、コンソールウインドウを動かすと表示が回復することがある。筆者の環境では、初回のbash起動時のパスワード設定で必ず表示が崩れていた(画面2)。

画面2●bash.exeを初回にインストールしたときの表示なども、パスワード入力を促す表示が欠けてしまう。ただし、何も出ていないのではなく、表示後のカーソルの位置がおかしく、一時的に見えなくなっているだけのようだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら