ネスレ日本が、IoT(インターネット・オブ・シングス)や人工知能(AI)などを活用し、デジタル事業で大胆な挑戦に挑んでいる。スマートフォン(スマホ)で操作可能なコーヒーマシンを10月に発売。さらにソニーモバイルコミュニケーションズと組み、画面上のキャラクターに話しかけてコーヒーを作るなどできる次世代機の開発にも乗り出した。

 「21世紀はモノだけでは解決できなかったことを、サービスで解決する時代だ」。高岡浩三代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)は、デジタル事業に注力する意図をこう説明する。そのために必要なテクノロジーを調達する目を社内で養い、欲しい技術を持つ企業とはスピード重視で遠慮なくタッグを組む。一般企業が最新テクノロジーをまとい、IT企業に肩を並べる高付加価値型のサービスを提供する時代がいよいよ到来した。

写真●10月に発売するBluetooth対応の「ネスカフェゴールド ブレンド バリスタi」
[画像のクリックで拡大表示]

 「コーヒーを入れて」「カップは置きましたか」「置きました」「コーヒーを入れますね」――。

 「はい、なにかご用ですか」「今日の東京の天気を教えて」「東京の今日の天気は、晴れ時々曇り」です――。

 あたかも人格を兼ね備えていてコミュニケーションを図れる次世代機は、まさに知能を持った未来のコーヒーマシンだ。ソニーモバイルコミュニケーションズがスマホの派生製品として開発を進めているパーソナルアシスタント端末「Xperia Agent」の技術を応用している。

 ネスレ日本は、話題作りのために次世代機を手掛けているわけではない。「現代日本が抱えている、超高齢化社会や核家族化という社会問題を本気で解決したい」(高岡社長)。そんな志から、次世代機の開発プロジェクトは始まった。

 2016年、65歳以上のシニア層は総人口の26.8%となり、今後ますます膨らんでいく見通し。一方で、核家族化が進んで両親と別々に暮らすケースや、父親の単身赴任や子どもの一人暮らしも急増している。結果として、世帯内の生活がばらばらになり、家庭内のコミュニケーションに断絶が起きてしまっている。「今までのような家族みんなが同じ場所に集って団らんすることは、もう難しい。だったら、離ればなれでも、家族がつながりあえるようなな新しいお茶の入れ方が必要。それを提供することこそ、ネスレ日本の使命だと考えた」(高岡社長)。

写真●現在開発中の次世代機で採り入れる予定の機能
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも同社のコーヒーマシン「ネスカフェゴールド ブレンド バリスタ」(以下、バリスタ)シリーズは、発売当初からコミュニケーションの起点になるとの思想が色濃い。専用カプセルで「ブラックコーヒー」「カフェラテ」「カプチーノ」「エスプレッソ」など数種類のコーヒーを楽しめる点は競合製品とほぼ同じだが、付加サービスで独自性をアピールしてきた。

 「ネスカフェアンバサダー」という、企業内にボランティアの支援者を募り組織化するサービスはその一つ。コーヒーマシンの周囲に人が集まり、社内の風通しを良くする環境作りをネスカフェアンバサダーに依頼。そのためのツールとしてコーヒーマシンを提供する。モノ売りではない斬新なコンセプトが支持され、今や賛同するネスカフェアンバサダーは約26万人に及ぶ。バリスタなどネスレ日本のコーヒーマシンの家庭やオフィスへの導入実績は、累計540万台以上と国内トップクラスを誇る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら