実のところ、筆者はiPhoneの新機種が出ると、ほぼ毎回買い替えている。今回のiPhone 7/iPhone 7 Plusも驚くような新機能はなかったかもしれないが、堅実なアップグレードなのは間違いない。今回も購入を控える材料は見つからなかった。

ジェットブラックの傷が気になる

 新たに追加されたジェットブラックにするか、iPhone 5以来戻ってきたブラックにするか──。今回悩んだのはこの選択だ。前回のiPhone 6 Plusのときは、新機種を象徴する色としてローズゴールドを選んだ。今回の新機種を象徴するのは、やはりジェットブラックだろう(写真1)。

写真1●iPhone 6sを象徴するのはローズゴールドだが、iPhone 7を象徴するのはジェットブラック
出所:アップル
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、ジェットブラックには懸念材料があった。筆者はカバーの類いは装着せず、裸のまま使う。カバーを付けると、折角の薄さがスポイルされ、持ちにくくなってしまうからだ。このため、傷が目立ちやすそうなジェットブラックの購入やちょっとはばかられる。しかもiPhone 7の仕様を掲載するアップルのサイト(http://www.apple.com/jp/iphone-7/specs/)には、以下のような注意書きがある。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

 公式にケースを薦めるとは、よほど傷が目立つのかと勘ぐりたくもなる。しかし、公式サイトのうたい文句「どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからないでしょう」の誘惑に負け、結局ジェットブラックを選ぶことにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら