例年この時期になると、社内で見知った顔に会うたびに「iPhone、買いますよね?」と声を掛けられる。どうやら毎年iPhoneを買い換えている男と思われているらしい。

 実際はというと、これまで「iPhone 3GS」→「iPhone 4S」→「iPhone 5」→「iPhone 6 Plus」と、ほぼ2世代おきに買い換えてきてた。4Sと5が続いているのは、確かソフトバンクのキャンペーンか何かで、それほど追加の負担なく新機種に乗り換えられるという話に乗っかったためだ。

 そんなわけで、もともと今回は迷わず買い換える予定だった。事前に流れていた情報から、どうやら外観デザインは大きく変わらないとのことだったので、ならば多少なりともニューモデル気分が味わえる新色にしよう、ストレージ容量も新たに登場するらしい256GBモデルを、どうせならSIMフリーモデルで、と決めていた。

4.7インチか5.5インチか、それが問題だ

 直前まで迷ったのが、4.7インチの「7」にするか、5.5インチの「7 Plus」のどちらにするか(図1)。iPhone 6 Plusを使っているので、大画面のありがたさは身に染みて分かっているつもりだが、気になる点も多々あったからだ。

図1●iPhone初のデュアルカメラシステムが印象的な「iPhone 7 Plus」。話題性という点では、間違いなくこちらだが……。
(出典:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら