In the United States, these developments dominate business discussions. Software professionals are promoted into positions of power and influence. In August 2016, GE named two of its top IT executives as company officers. Chief Information Officers (CIOs) have increasing access to top executives and are increasingly focused on creating new products, services and business models, not simply on cost reduction as in the past. Those establishing successful software firms are hailed as visionary leaders. This draws the best and brightest university students to IT careers. None are these U.S. developments are common in Japan.

 米国においては、こうした動きがビジネスの話題の中心になっている。ソフトウエアのプロフェッショナルは昇進し、影響力を持っていく。2016年8月、米GEは二人のトップITエグゼクティブを会社の役員に任命した。CIO(最高情報責任者)は経営トップへのアクセスを増し、過去にそうであったコスト削減だけではなく、新しい製品、サービスそしてビジネスモデルを作ることにますます関与している。成功していくソフトウエア会社はビジョナリーなリーダーとして称えられている、このことは優秀な大学卒業生をITのキャリアに向かわせている。これら米国で一般的であることが日本においてはそうではない。

The U.S. is advantaged, Andreessen argues because of its great research universities, a pro-risk business culture, deep pools of innovation-seeking equity and reliable business and contract law. When Andreessen wrote his article, its thesis was considered by some to be arguable; now just five years later, it is widely recognized as having been predictive.

 米国が持つ優位についてアンドリーセンは次のように述べていた。研究に優れた大学、リスクをとるビジネス文化、イノベーションを求める資本の厚み、ビジネスと契約に関する信頼性ある法律。彼がその記事を書いた時には、その主張には議論の余地があると思われていたが、5年経った今、予言的であったと多くの人から認められている。

ソフトウエアをアウトソースした日本の失敗

In Japanese firms, the highest ranking software professional is often in charge of outsourcing IT. Software strategy and purchase decisions were outsourced to Japanese IT vendors in the 90s to reduce cost, decisions enabled by a failure to see that software was on the way to becoming a core competency. These decisions meant that parent firms had only modest in-house capabilities to evaluate what is really in the best interest of the parent firm.

 日本企業において最も高位のソフトウエアプロフェッショナルはITをアウトソースすることに関与している。1990年代、コストを下げるために、ソフトウエア戦略と購入決定は日本のITベンダーに委ねられた。この決定によって、日本企業はソフトウエアがコアコンピテンシーになっていくことに気付けなかった。こうした決定は、何が一番利益を上げるのか、それを判断する能力を社内に持つことに日本企業があまり関心がないことを意味する。

In global rankings of IT university departments, Japanese universities fail to even dominate Asian country rankings. Even in industries like auto where Japan continues to be globally competitive, the growing role of software leads firms like Toyota to collaborate with major American universities like, MIT, Stanford and the University of Michigan to tap into cutting edge IT and AI research. Finally unlike in Korea, Japanese top executives seldom, if ever, speak out about the criticality of software for the future survival of their firms.

 大学におけるIT関連学部の国際的ランキングにおいて、日本の大学はアジア諸国の中においてさえ、高い位置を占めていない。国際競争力を持つ日本の自動車産業においてもソフトウエアの役割がより大きくなっており、トヨタ自動車のような企業はMIT、スタンフォード大学、ミシガン大学と提携し、最新のITとAIの研究に乗り出している。ここへ至っても、日本の経営者は企業の存続にソフトウエアが必須であるとは語らない。それは韓国と違うところである。

Are IT employees deployed in ways that contribute to software innovation? The Information Technology Promotion Agency (IPA), a subsidiary of METI, reports that some 75% of Japan’s IT technical employees are located in IT service sector firms (large system integrators and their tiered subcontract firms, often characterized as software factories). At most of these firms, the opportunities for creating innovative software products for sale, to a large horizontal customer base, is very limited.

 日本のIT技術者はソフトウエアによるイノベーションに貢献するように配置されているであろうか? 経済産業省の外郭団体であるIPAは、日本のIT技術者の約75%が大規模のシステムインテグレータ及びその関連のITサービス企業に配属されていると報告している(これらの組織はしばしば“ソフトウエア工場”と呼ばれる)。これらの多くの企業において多くの顧客に向けてイノベーティブな外販用のソフトウエア製品を開発する機会は非常に限られている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら