今回は、筆者が「Amazon Aurora」(Aurora)を実際に導入/運用した経験から、Aurora活用による利点や移行時に注意したいポイントを解説する。まず筆者が所属するSocketの主力サービス「Flipdesk」をAuroraに移行した経緯と、移行の効果について紹介する。

 Flipdeskは、「Web接客プラットフォーム」と呼ばれるWebサイト向けのサービスである。Webサイトの運営者がサイト内に専用のタグを埋め込めば、そのサイトを利用するエンドユーザーに対して、様々な“接客”を提供できる。EC(電子商取引)サイトでの利用が代表例で、エンドユーザーが商品選びで迷っていることを察して案内を提示したり、スタッフとのチャット画面を表示したりすることが可能だ(図1)。

図1●Webサイトのユーザーを“接客”するFlipdesk
出所:Socket
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたサービスを提供するには、Webサイトの利用状況に関するデータを細かく収集し、素早く分析する必要がある。2016年9月現在、Flipdeskは1カ月に総計で数十億件以上のデータを扱っている。これらをリアルタイムに処理するために、API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)には数百ミリ秒以下という応答速度が求められる。

 サービス開始当初、動作環境には米セールス・フォース・ドットコムのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)「Heroku」を用いていた。データベースには、他のクラウドベンダー上で「MySQL」を利用していた。サービスの規模拡大に伴って、プラットフォームをAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)に変更し、「Amazon RDS for MySQL」で1台のデータベースインスタンスを稼働させた。その後、リードレプリカ構成を使用するようシステムを改修。RDS for MySQLのスケールアップ(インスタンス単体の性能向上)と、スケールアウト(インスタンス数の追加)で処理性能を確保してきた。

レプリカラグが致命的な問題に

 だが、その過程でいくつかの課題に直面した。その一つが、リードレプリカの同期遅延(レプリカラグ)である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら