左から吉村氏、草野氏、清水氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ドワンゴは、インターネットを利用した通信制の高等学校「N高等学校」(N高)のカリキュラムの一つとして、プログラミング教育に取り組んでいる。N高のプログラミング教育の責任者である清水氏、N高生向けに無料で提供している課外授業のN予備校でプログラミング教育を担当する吉村氏、N高生向けの通学制コース「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」(PHH)の責任者である草野氏に話を聞いた。今回はPHHの話題が中心だ。

(聞き手は大森 敏行=日経NETWORK


PHHはそもそもどういうところから始まったのか。

草野:2015年9月くらいに川上さん(カドカワ代表取締役社長、ドワンゴ代表取締役会長である川上量生氏)と一緒に食事をしたときに「高校を今度作る」という話を聞き、「プログラミングの講師を探しているが、頼めないか」という話になった。もともとは生放送の講師を依頼されたが、それは断った。自分が教育に取り組むときには、目の前に生徒がいない状況ではできないと思ったから。生放送以外に対面の授業も考えていると聞いて始まったのがPHHの取り組みだ。

 2015年10月くらいから「まずコースの名前を決める」というところから始めた。初期から考えていたのが「プログラミングの勉強だけをするのはやめよう」ということ。プログラミングが不要という意味ではなく、技術だけだったらN予備校でも習得できるという意味だ。「プログラマーに必要はことはなんでもやろう」「プログラマーになれる教室にしよう」というところから「プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」と名付けた。「プログラミング・ハイレベル・ハイスクール」ではないのが重要だ。「プログラマーとして必要なものをすべてやる」というのが基本構想になっている。2016年1月から月に1回、体験授業を繰り返している。授業は4月から始まった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら