中国レノボは2016年9月2日から7日までドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2016」に合わせて、多目的キーボードを搭載した世界最薄・世界超軽量の2-in-1デバイス「Yoga Book」などの新製品を一挙発表した(写真1)。

写真1●IFA 2016のレノボブース
[画像のクリックで拡大表示]

平坦キーボードがペンタブにもなる「Yoga Book」

 レノボブースの中で最も注目を浴びていた新製品が、画面が360度回転するコンバーチブル型の2-in-1デバイス「Yoga Book」だ。キーボードに相当する部分が平坦な板状になっており、キーボードまたはペン入力用のタブレットとして機能するのが最大の特徴になる(写真2)。

写真2●Yoga Book
[画像のクリックで拡大表示]

 パッド上のボタンをタッチすると、バックライトが点灯してキーボードが有効になる。キーボードをオフにすると、全体をペンタブレットとして利用できる(写真3、4)。

写真3●キーボードのバックライトを表示した状態
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●キーボードをオフにするとペン入力用タブレットに
[画像のクリックで拡大表示]

 物理的なキーストロークはないものの、キーにタッチするとわずかな振動が得られる仕組み。さらにユーザーの入力のクセを学習することで、ソフトウェア的にタッチタイピングを支援する機能を備えるという(写真5)。

写真5●タイピング時には振動によるフィードバックがある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら