中国ファーウェイは2016年9月1日、ドイツ・ベルリンで開催される家電見本市「IFA 2016」に先駆けてプレスカンファレンスを開催し、スマートフォンの新製品「HUAWEI nova」シリーズを発表した(写真1)。

写真1●ファーウェイが「HUAWEI nova」シリーズを発表
[画像のクリックで拡大表示]

 発表イベントには、ファーウェイ コンシューマービジネスグループ CEO(最高経営責任者)のリチャード・ユー氏が登壇。「過去5年間、ファーウェイは端末開発に多大なリソースを投下してきた。業界のトレンドを先取りした16nmプロセスのKirin 950や、初めて2-in-1型Windowsデバイス、デュアルレンズのHUAWEI P9などで、成功を収めてきた」と振り返った(写真2)。

写真2●ファーウェイ コンシューマービジネスグループ CEOのリチャード・ユー氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年上半期のファーウェイのコンシューマー事業については、「グローバルでの出荷台数が25%、スマートフォンの売上は41%、前年同期比で増加した。中価格帯のシェアを維持しつつ、500〜600ユーロの高価格帯端末の市場シェアも増加した」(ユー氏)と語り、プレミアムクラスの端末の好調ぶりをアピールした。

ミドルレンジの新シリーズ「HUAWEI nova」を発表

 新製品としては、ミドルレンジ価格帯のスマートフォン「HUAWEI nova」シリーズを発表した。5インチの「HUAWEI nova」と、5.5インチの「HUAWEI nova plus」の2モデルをラインアップする(写真3)。

写真3●HUAWEI nova
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら