筆者はユーザー企業から「端末がWi-Fi(無線LAN)につながらない」「無線LAN接続が切れる」といった連絡をもらって調査をすることがある。接続できないといっても、その原因は「電波の感度が弱い」「パスワード(PSK)が合っていない」「証明書が一致していない」など様々だ。そのため、まずは調査をして原因を特定する必要がある。

 アクセスポイント(AP)のログ調査によって原因を特定できることもあるが、そううまくはいかないこともある。最も厄介なのは「ログ上では送信したことになっているが、実は端末やAPがフレームを送り出していなかった」といった問題が発生しているケースだ。

原因が分かりにくければパケットキャプチャーで調べる

 無線LAN機器がフレームを送信しているかどうかを確認するには、やり取りされているデータを採集し、調べてみるのが基本である。これをパケットキャプチャーという。

 パケットキャプチャーの方法としてよく知られているのは、Windows PCに「Wireshark」というソフトをインストールするものだ。無線LAN(802.11)のフレームのキャプチャーは、実際に通信しているものとは別の“第3の端末”で実行する必要がある。

 Wiresharkは、有線LANのトラブルシューティングではよく使われる。もしかすると、有線LANと同じように無線LAN(802.11)のフレームをキャプチャーできないか試した人がいるかもしれないが、多分うまくいかなかったはずだ。あるいは、「Windows PCはWiresharkだけでは、無線LAN(802.11)のフレームをキャプチャーできない」と聞いたことがある人も、いるかもしれない。これは本当なのだろうか?

Windowsで無線LAN専用のキャプチャーツールを使う

 実はこれ、本当である。Windows PCにWiresharkをインストールしただけでは、無線LANフレームをキャプチャーすることはできない。ではどのようにして、無線LANで送られているデータをキャプチャーすればよいのだろうか?ここでは、Windowsでキャプチャーする方法とmacOSでキャプチャーする方法を紹介しよう。

 なお、有線LANで使われるイーサネットおよび無線LANにおいて、データは「フレーム」という単位で送られる。ただしフレームを取得することも「パケットキャプチャー」というのが一般的である。

Windows PCにWiresharkをインストールしても、無線区間を流れるデータをキャプチャーすることはできない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら