「Wi-Fi(無線LAN)といえば、トラブルが付きもの」というイメージを持っている読者は少なからずいるのではないだろうか。筆者も「通信が途切れる」「PCを持って会議室に移動したらWi-Fi通信が遅くなった気がする」といった話をよく耳にする。

 それらのトラブルのなかで、筆者が最近気になっているのは、「スマートフォンの画面上にWi-Fiマークが付いているのに通信できない」「少し移動したら通信できなくなった。でもLTEにも切り替わらない」といったものだ。

 何とも解せず、イライラしてしまうようなトラブルだが、実はよく起こる。原因は様々だが、その中から今回は「端末の電波強度差」が要因として発生するケースを紹介しよう。

「APからの電波が強ければOK」ではない

 例えば、1台のアクセスポイントに2台のスマートフォン(スマートフォンA、スマートフォンB)が接続されているとする。アクセスポイントから2台のスマートフォンへの電波強度は一緒なので、ほぼ同じ電波強度で2台のスマートフォンは電波を受信することになる。

 ここで注目していただきたいのは、実はスマートフォンからアクセスポイントへの通信だ。スマートフォンによって電波出力は異なる。スマートフォンAは電波強度が高く、スマートフォンBは電波強度が低いとした場合、図1のようにスマートフォンAの通信はアクセスポイントに届くが、スマートフォンBの通信はアクセスポイントに届かない。アクセスポイントに近い場所では気になることは少ないが、アクセスポイントから離れるとこの差が顕著に現れてくる。

図1●アクセスポイント、端末間の電波到達イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら