スパム(SPAM)と言えば、メールボックスに届く忌まわしい存在だ。

 差出人がよく分からず、欲しくない物を買わされそうなメール、という印象が強い。個人的な定義としては、ショッピングサイトから届き続ける、キャンセル手続きがとても面倒なメールマガジンもスパムに含むことにしている。

 ただし、昨今のスパムメールはよく出来ている。例えば、FacebookやTwitterから届くメールに模したデザインでパスワード変更を促す内容。これに引っ掛かってしまうと、アカウントを乗っ取られる原因となる。よく分からない差出人や、覚えのないメールには安易に反応しないようにしなければならない。

 そんなスパムにも新たなトレンドが現れている。それは「カレンダーの招待状」だ。

iCloudカレンダーにスパムの気配

 米アップルの「iCloudカレンダー」や米グーグルの「Googleカレンダー」といったクラウド型のカレンダーサービスは、自分のカレンダーに加えて、他人と共有するカレンダーを用意したり、知人をある特定の予定に招待したりできる仕組みを備えている。

 iCloudに家族メンバーを登録している場合、家族の共有カレンダーが自動的に用意される。予定を入れれば、家族のiPhoneやiPadに共通の予定が入る。この場合、予定の編集は家族メンバーであれば自由にできる。

 他の人から予定に招待された場合、点線で囲まれた予定として自分のカレンダーに入って来る。招待に応じる操作をすると自分のカレンダーに正式な予定として入る。招待の手順は相手のメールアドレスを入力して招待状を送るだけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら