米アップルは2017年11月3日に「iPhone X」を発売し、iPhoneのラインアップが最大の規模に拡大した。

 iPhone Xを頂点として、2017年に発売した5.5インチの「iPhone 8 Plus」と4.7インチの「iPhone 8」のほか、2016年の「iPhone 7 Plus」と「iPhone 7」、2015年の「iPhone 6s Plus」と「iPhone 6s」がある。さらに2016年に投入し2017年3月にストレージを強化した4インチの「iPhone SE」もラインアップに入る。

 このように「X」「8」「7」「6s」「SE」の5つのシリーズを展開し、価格もiPhone SEの349ドルからiPhone Xの999ドルまで広がった。アップルも「より多くの顧客がぴったりのiPhoneを選べるようになった」としている。

7~9月期に世界で最も売れたのはiPhone 7

 アップルが2017年7~9月期決算で発表したiPhoneの販売台数は4670万台。前年同期比で売上高、販売台数ともに微増だった。シンガポールの調査会社カナリス(Canalys)は、アップルが同時期に販売したiPhoneのモデル別の内訳についても発表している。

 これによると、同時期に最も販売台数を伸ばしたのはiPhone 7で、1300万台に達した。この販売台数は、世界のスマートフォン市場でも単一機種として最も多い。2位も2016年モデルのiPhone 6sであり、790万台だったという。

 アップルが発表したiPhoneの販売台数には、9月22日発売のiPhone 8シリーズも含まれている。これまでは新版を9月中旬に発売すると、1週間程度で1000万台以上の販売台数を記録してきた。しかし、カナリスによると、今年はiPhone 8が540万台、iPhone 8 Plusが630万台。単一の販売台数でiPhone 7に及ばなかったうえ、iPhone 6s(790万台)よりも下回ったという。

iPhoneユーザーの拡大でサービス部門が急成長

 iPhone 7が単一機種として世界のスマートフォン市場で最も多く売れたスマートフォンだったことは、アップルにとって良いニュースだ。アップルのiPhoneのリリースサイクルからすれば、7~9月期はモデル末期に当たる。アップルはiPhone 8の発表後にiPhone 7を100ドル値下げした。最新ではないにもかかわらず、選ばれ続けたことになる。

 iPhone 6sが世界で2番目に多く売れた点も特筆すべきだ。アップルは同機種を9月12日まで549ドルで販売し、9月12日以降は449ドルに値下げした。最新のiOS 11を使え、同社が未来のスマートフォン体験と位置付ける拡張現実(ARKit)の対応アプリも実行できるモデルとなる。

 アップルの売上高を見ると、iPhone販売が全体の6割を占める。売上高は価格×台数で決まるため、できれば価格の高い最新モデル、それも容量や画面サイズが大きいモデルに人気を集めることが、利益の最大化に向けて重要である。

 一方、同社には急成長を遂げるサービス部門がある。「App Store」や「Apple Music」の売り上げは、iPhoneユーザーの拡大とともに上昇していく。価格が比較的に安い旧版でもユーザーが増えることは、サービス部門の成長に不可欠な要素だ。特にスマートフォン市場は今後、飽和による低成長が見込まれるだけに重要となる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら