米アップルが2017年11月3日に発売した「iPhone X」は、有機ELディスプレイの採用をはじめ、10年間採用してきたホームボタンの廃止、指紋認証の「Touch ID」から顔認証の「Face ID」に変更と、同社にとって数多くの「初」を搭載した製品となった。

 一方、ガラスを両面に配したデザインやワイヤレス充電、カメラセンサー、そして心臓部は他社を寄せ付けない性能を誇る「A11 Bionic」プロセッサと、数多くの部分をiPhone 8シリーズと共通化した。iPhone 8シリーズは色数を半分に減らし、容量の種類も従来の3つから2つに削減。同時に3つの新モデルを展開しつつ、それぞれ十分な製造能力を確保するための工夫が施されていた。

 一方、iPhone Xの供給は発売前から厳しいと見られていた。ネックとされるのは、新しいディスプレイと、顔認証に耐え得るカメラ。ただ、米iFixitによるiPhone Xの分解結果を見ると、通常の画像を捉えるカメラとドットプロジェクター、赤外線カメラの組み合わせになっており、「米マイクロソフトのXbox向けの第1世代のKinect」と表現されるほど、複雑なものではないとの評価が出ている。

 やはりネックは、有機ELディスプレイパネルということになりそうだ。

スマホ最高のディスプレイ品質

 iPhone Xが搭載する有機ELの「Super Retinaディスプレイ」は画面サイズが5.8インチ、解像度は2436×1125ピクセルで458ppiの精細さを誇る。4K解像度には届かないが、「2.5K」または「フルHD+」というカテゴリーに属する。

 縦横比はこれまでの「16:9」から「19.5:9」と縦長になった。このため、16:9のコンテンツを表示して縦をいっぱいに設定すると、黒い無表示部分が現れる。横いっぱいに表示することもできるが、「センサーハウジング」と呼ぶディスプレイの切り欠き領域が存在するため、その部分は切り取られて表示されることになる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら