米アップルが2016年10月下旬に開催したイベントにおける新型「MacBook Pro」の登場で、2016年の新製品発表は終わりつつある。

 デスクトップ型の「iMac」「Mac Pro」「Mac mini」という製品群のアップデートがまだだが、これらについては発表イベントを開くのではなく、Webサイト上での発表にとどめるのだろう。鍵を握るのはアップル自身というより、米インテルのプロセッサーのリリースとなっているからだ。

 今回は前回(新型MacBook登場、アプリ開発者を刺激する「Touch Bar」が持つ意味)触れたMacBook Proの話をもう少し続ける。

近い将来、Touch Barは標準搭載になる?

写真1●キーボード上部にある「Touch ID」センサーが組み込まれた「Touch Bar」
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 前回触れた通り、新型MacBook Proの目玉が、新しい入力・操作インタフェースの「Touch Bar」である(写真1)。

 新型MacBook Proのモデルは、まず13インチか15インチかに分かれる。その上で、Thunderbolt 3ポートがいくつ付いているかで、モデル名を区別している。13インチのTouch Bar非搭載モデルは「MacBook Pro, 13-inch, Two Thunderbolt 3 ports, Late 2016」、13インチTouch Bar搭載モデルはThunderbolt 3ポートの部分が「Four」と表記される。

 つまり、Touch BarとTouch IDがモデル名の区別には使われていない。このことから推測すると、今後、MacBookやMacBook Proには、「Touch BarとTouch ID」が標準搭載されることが考えられる。その方が、アプリ開発者にとってはメリットが大きい。アップルにとっても、Touch IDの標準搭載は、セキュリティ水準を高めたい企業向けの利用を拡大したり、「Apple Pay」による決済手数料を増やしたりする点でも重要となる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら