米アップルの「AirPods」はヘッドホン端子がなくなった「iPhone 7」シリーズと組み合わせるために発売された。

 iPhoneに付属してきた「EarPods」のイヤーピース部分からケーブルを取り外し、左右独立型のBluetoothワイヤレスヘッドホンとして市場に登場させた。小型軽量のワイヤレスヘッドホンの弱点であるバッテリー寿命については、左右それぞれ5時間、ケース内蔵バッテリーとの組み合わせで最大24時間再生を実現した。

写真1●筆者の「AirPods」
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は徒歩での通勤と仕事中にAirPodsを使っている(写真1)。おおむね2~3日に1度ケースを充電すれば、途切れず音楽が楽しめる。この点が、これまでのワイヤレスヘッドホンとは比較にならないほど快適だ。

 一方で、供給が追いついていないのは問題だ。「Apple Watch」の供給能力がiPhoneと同等でないように、AirPodsもiPhoneと同等の供給能力を持たせるのは難しいのだろう。すべてのiPhone 7ユーザーが購入するオプションでもない。

 ただ「AirPodsが欲しい」と感じたユーザーは多かったようだ。発売はiPhone 7から3カ月遅れの2016年12月中旬になった(関連記事:Apple、出荷が遅れていた「AirPods」をようやく発売)。このことも相まって、今オーダーすると、米国でも6週間待ちという状況だ。

 アップルからは、具体的な販売台数等の数字は発表されていない。だが、CEO(最高経営責任者)のティム・クック氏は「runaway success」、つまり「手に負えないほどの成功」と表現している。これは、供給不足の現状も含めて、よく言い当てている言葉だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら