人工知能は、これまで「ブーム」と「冬の時代」を繰り返してきました。第1次人工知能ブーム、第2次人工知能ブームを経て、現在は第3次人工知能ブームを迎えています(関連記事:その昔、人工知能は「人工無能」だった人工知能の黒歴史となった「第5世代コンピュータ」)。

 これから人工知能がどうなるのか、どこへ行くのかを見ていきましょう(図1)。

図1●第3次ブーム以降の人工知能の歴史
[画像のクリックで拡大表示]

冬の時代から第3次人工知能ブームへ

 1990年台前半から「人工知能」という言葉に新鮮味がなくなり、資金的にも長い冬の時代が続いていましたが、1990年後半になるとコンピュータの性能が1980年代に比べてさらに飛躍的に発展し、それが第3次人工知能ブームへの下支えになりました。

 一方、1990年代にはオブジェクト指向を自律分散協調的に動作させる「エージェント指向」という概念が登場しました。人工知能の分野ではこのエージェント指向を知的エージェントとして捉え、各々の人工知能(知的エージェント)が自律的に動作し、分散した個々のエージェントが協調して動作するモデルが流行するようになりました。

 この知的エージェントの考えにより、個別の小さな人工知能が大きな意味を持つことになり、第3次ブームへの底流となりました。

 その後、多層ニューラルネットワークによる機械学習(深層学習)が流行し、大きな成果を挙げ、本格的な第3次ブームへとつながっていきます。現代では人工知能は様々なところで使われ、またそれが協調することで大きな人工知能システムにもなっています。

 例えばスマートフォンのような、人工知能を組み込んだ「スマートデバイス」がちまたにあふれ、またエンタープライズ系のシステムに人工知能システムに組み込むことを「スマート化」と呼んでいます。これらのスマートデバイスやスマート化されたシステムを協調させて大きな人工知能システムができています。またスマートデバイスやスマート化は、のちにIoT(Internet of Things)に組み込まれ、「スマートIoT」などと呼ばれることになります(図2)。

図2●IoTシステムのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら