LTEをベースとしたLPWAの主要方式には、NB-IoTとLTE-Mの2つがある。今回は、これらの標準化の経緯について見ていく。

LTEでGSM並みの低電力・低コストを実現

 3G/HSPA(High Speed Packet Access)やLTEの標準化を行う3GPP RAN(Radio Access Network、無線アクセスネットワーク)仕様グループでLPWAの検討が始まったのは、2011年半ばから開始されたリリース11(Rel-11)の「マシン型通信(Machine Type Communications:MTC)」スタディアイテムからである(図13)。

図13●LTE-MおよびNB-IoT標準化の経緯
出典:エリクソン
[画像のクリックで拡大表示]
スタディアイテム:3GPPでは、セルラー系IoT向け通信など新機能の実現可能性を調査研究するために、スタディアイテムというものを各参加メンバーが提案する。承認されれば、3GPPの作業グループ会合において議論の時間が割り当てられ、その検討結果は技術レポートとしてまとめられる。例えば、Rel-14から議論の始まった5Gシステム向けの無線アクセスの検討は、NR(New Radio)という名前のスタディアイテムである。

 その当時、今でいうセルラー系IoTのデバイスはGSMネットワークでの展開がほとんどであった。その理由はデバイスの価格はもちろん、サービスエリア(カバレッジ)も3GやLTEに対して優位な位置にあったためである。一方で、今後はLTEが急速に普及していくことは明らかだった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら