ポリシーをチームに示しているか?
イラスト:ハタパグ
[画像のクリックで拡大表示]

 「申し訳ありません。その協力依頼、対応いたしかねます。課長から断ってください」

 舞子は毅然と、しかし丁重に伝えた。

 ナレッジ管理チームからの協力依頼の話を聞かされた舞子。なんでも、舞子の率いる購買システム運用チームのトラブルや対応事例を研究したい。その研究に付き合って欲しいとのことだ。そんな余力は、いまチームにない。

 「分かった。分かりましたよ。じゃあ、こういうのはどうだろう?年明け、そうだね…1月くらいまで待って、そのときのチームの状況を見て、協力するかどうかを判断するっていうのは?」

 衣笠は額の汗を拭き拭き、代替案を提示した。彼も一度は「協力します」とナレッジ管理チームに返事をしてしまった手前、ゼロ回答は返しづらいのだろう。年明けの1月か。そのころには、いまのドタバタもだいぶラクにはなっていそうだ。

 「分かりました。1月ですね。それまでには、チームの稼働を安定させられるよう、頑張ります」

 舞子は深々と頭を下げ、自席に戻った。

―――――

 星のきれいな夜だ。

 こんな日は、いつもなら駅裏のバルで1杯、落ち着けてから帰るところだが、今日の舞子には、それよりもやりかけのドラクエの続きのほうが気になっていた。家路を急ぐ。

 舞子は「ドラクエIII」の冒険をひと休みし、先週からは「ドラクエIV」をプレイし始めていた。このゲームはなかなか画期的で、AI(人工知能)を搭載した自動戦闘機能などが話題を呼んだ。

 「さて、いよいよ最終章ね!」

 自室に戻った舞子。コントローラーを握る手に力が入る。

 ドラクエIVの最終章(第5章)では、リーダー(=プレイヤー=主人公の勇者)はメンバーに細かな戦闘の指示をできない。その代わり、リーダーはメンバーに戦闘のポリシー(方針)のみを伝える。「ガンガンいこうぜ」「いのちをだいじに」「じゅもんをつかうな」など。このポリシーに沿って、メンバーは自律的に(AIが考えてくれるのだが)戦ってくれるのだ。

 「ううん。ヒットポイント(体力)が減ってきたから、ここは『いのちをだいじに』でいっとこう」

 テキパキとメンバーに戦闘ポリシーを示す。そこではたと気付いた。

 「あれれ。そういえば私…アーサーとすけさんに戦うポリシー、きちんと伝えていたかな?」

 ぼんやりと画面を見つめる舞子。その先では、仮想のメンバーたちがポリシー通りの戦闘を繰り広げていた。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら