メンバーの基礎能力のレベルを知っているか?
イラスト:ハタパグ
[画像のクリックで拡大表示]

 「あの子たちって、そもそも戦士なのかな?僧侶なのかな?それとも…」

 深夜、ドラクエIIIをプレイしながらつぶやく舞子。そういえば、舞子はアーサーとすけさんの得意分野はおろか、経歴すらよく知らない。これでは、適切な職務分担もできないし、業務効率アップも狙えない。チーム発足から今日まで、とにかく目先のトラブル対応やクレーム対応、それらの報告などで、あたふたとしていた。まともにメンバーと会話する余裕なんてなかったのだ(お説教は何度もしたけれど…)。

 「メンバーのこと、もっと知らなくちゃ」

 缶の底にわずかに残ったビールを飲み干し、舞子はその日の冒険を終えた。

 次の日の昼休み、舞子は二人を誘ってオフィスを出た。

 「いつも社食ばかりじゃ飽きるしね。たまには外に行こう」

 真夏の突き刺すような強い日差しが、3人を照らす。オフィスの冷房で冷え切った体には、むしろ心地いい。が、そう感じたのも束の間。額からにじみ出た汗が、舞子の額を伝う。

 路地裏の小さな定食屋。壁の煤けとひび割れが目立つ、昭和の雰囲気そのままの店だが、隠れた人気店のようで、いつも近隣のサラリーマンでにぎわっている。今日は幸い、先客の姿はない。フライングして職場を出て正解だった。3人は奥の座敷にあがり、そろって空揚げ定食を注文した。

 古びた木の座卓を挟んで奥に舞子が、手前にアーサーとすけさんが並ぶ。思えば、こんな風にのんびりと3人が顔を合わせたことって、今まであっただろうか?

 「そういえばさ、2人はここに来るまで、どんなことをやってきたの?」

 ちょうどお冷が運ばれてきたタイミングで、舞子は2人を見つめる。

 「そうっすね。僕は最初の配属は“LINDA”(人事システム)の開発チームで…」

 最初にアーサーが口を開いた。そして、少し照れくさそうに自分の過去を語り始めた。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら