メンバーが何者かを知っているか?
イラスト:ハタパグ
[画像のクリックで拡大表示]

 「クレーム・トラブルの対応時間削減」

 とりあえずのチーム目標を掲げた舞子。日々の残業時間を減らしつつ、「打倒ラスボス」(=相次ぐ購買システムのトラブルの根本原因解決)を目指すためのファーストステップとして設けた。舞子はこの目標を、2人の部下(アーサー、すけさん)に説明した。ところが、コトはそううまくは運ばない…。

 「ねえ、もう8時を過ぎたんだけど、まだ上がれそうにないの?」

 ユーザーからの電話対応であたふたしているアーサー。通話を保留にしたタイミングを見計らい、舞子は突き刺すように問いかけた。

 「あ、すぐ終わります!すぐ終わります!…ええっと、この内容、確か以前も聞かれて答えたよなぁ。あのときのメモ、どこやったっけ…」

 机の周りをガサガサとあさるアーサー。やれやれ、こんな調子では残業削減なんて、ほど遠い。舞子はため息まじりに、天井を仰いだ。その刹那、アーサーの隣の空席が目に入る。もう1人の部下、すけさんは既に帰宅していた。

 丸っこい顔立ち、性格も丸いすけさん。話し方もスローだが、仕事は丁寧なようでユーザー対応や開発チームへのエスカレーションもスムーズだ。のんびり口調が、相手に安心感を与えているのかもしれない。がさつで相手を不安にさせている誰かさんとは、大違いだ。

 その誰かさんはといえば、電話の向こうで顔の見えない相手に、ペコペコとお辞儀している。その場しのぎの適当な回答をしようとして見透かされ、叱られている様子だ。

 「もういい。私に代わって!」

 痺れを切らした舞子。アーサーの左手から受話器を、わしづかみにした。

 「お電話代わりました、購買システムチーム、リーダーの並木と申します…」

 素早く、よそ行きの声に着替える。舞子の大人の対応力で、なんとかその場を凌ぐことができた。

 「明日からもっと効率よく対応してよね。残業減らさなくちゃいけないんだから」

 それだけ言い残すと、舞子は足早にフロアを去った。

 その2時間後、自宅マンションの部屋でテレビ画面を見つめる舞子の姿があった。風呂あがりのジャージスタイル。ベッドに腰掛け、右手には缶ビール、左手には赤いコントローラーが握られている。脇にはファミコン本体が、ベッドの揺れに合わせて小刻みにバウンドしている。

 舞子は、実家からファミコン本体とドラクエIIIのソフトをこっそり持ってきていた。母親に見つかるのは気が引けたため、衣類と一緒にスポーツバッグの底に忍ばせて持ち帰った。以来、毎晩ドラクエの世界に浸って1日を締めくくっている。

 勇者まいこは、戦士、僧侶、魔法使いをメンバに選び、4人パーティーで冒険の旅に出た。4人を率いるのはもちろん、画面の外の舞子だ。道中、数々のモンスターに遭遇して戦う。戦闘を繰り返すうちに、敵の攻撃パターンや耐性がわかり、攻撃の仕方も工夫するようになる。

 呪文の効きやすいモンスターは魔法使いや僧侶に呪文で攻撃させて、呪文が効かないモンスターは勇者と戦士に戦わせる。この組み合わせを間違えると、戦闘が長引いてパーティーは疲弊してしまう。

 「あれ…そういえばさ…」

 画面の中で戦う4人を見て、ふとつぶやいた。

 「あの子たちって、そもそも戦士なのかな?僧侶なのかな?それとも…」

 舞子は気がついた。アーサーとすけさんはいったい何の専門家なのか?いや、それどころかいままでどんな仕事をしてきて、何が得意なのかすらほとんど知らないことに。

 「これじゃ、戦えない…よね」

 フィールドのBGMが深夜のマンションの一室に明るく響く。戦闘を終えたパーティーは、舞子の操作を待って元気に足踏みを繰り返した。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら