もしかして旅立ちのシーンと同じ?
イラスト:ハタパグ
[画像のクリックで拡大表示]

 「並木さん。お取り込み中ごめんね。ちょっと、会議室に来てもらってもいいかな?」

 月曜日のお昼前。突然の課長の声がけで、舞子は席を立った。舞子は、今朝も派手に遅刻してきた部下のアーサーに説教をしていた。まだしぼり足りない気もするが、仕方がない。いったん怒りを止めて、課長の後に続いた。背後からアーサーの安堵のため息が聞こえる。

 「実はね。購買システムチームの残業が突出して多すぎるって問題になっていて…今月から残業減らしてもらえないかな?」

 上司で課長の衣笠は、薄くなりはじめた前髪をかきあげる。舞子は一瞬、自分の耳を疑った。

 「残業を減らせ?それ…本気で言っています?システムはトラブルだらけ、ユーザーからはクレームだらけ。この状況、分かっていますよね?一体どうしろと!?」

 冷静に問いかけているつもりだが、自然に声とジェスチャーが荒くなる。

 「まあまあ、気持ちは分かるんだけれどね。部長にはもう、残業予算、減らしますって約束しちゃったんだよね…。なんとかしてよ」

 また現場を見ずに勝手な約束を…。冗談じゃない。

 「秋には新入社員を1人、下につけてあげるから。そうしたら、もう少し楽になるからさ…。頼むよ、キリコちゃん」

 「私、キリコじゃありません。マイコです!失礼します」

 まったくメチャクチャだ。バグだらけの購買システムの運用を押し付けられたうえに、「残業するな」だなんて…。新入社員をつける?新人を手取り足取り教育するヒマなんてない。正直、ありがた迷惑だ。いっそ、このポンコツなシステムを作った開発チームのメンバーをよこしてくれたほうがまだマシだ。責任をとらせる意味でも。

 部下や外注さんからは、「この高負荷状態、いつまで続くんですか?」と問いつめられているのに…一体この状況、どうすれば?

 その時、舞子の頭をよぎった。先週末、実家に戻ったときにプレイした、ドラクエの旅立ちのシーンだ…。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら