ギリギリまで頑張ってない?
イラスト:湊川あい
[画像のクリックで拡大表示]

 新人アキナの転職騒ぎも一件落着。舞子のケアで、アキナは気の迷いから目を覚ました。今は落ち着いて仕事に取り組んでいる。

 ――やれやれ、一体どうなることかと思ったわ。

 これからいよいよ忙しくなるのに、ここでメンバーに抜けられたらたまったものではない。帰り道、舞子は自分へのお疲れ様の意味を込め、缶ビールを買った。

 「さ、続きをやろう」

 マンションの自室に戻った舞子。ビールとおつまみを片手に、ドラクエIIIの世界に身を浸す。

 勇者まいこ率いる4人のパーティー。レベルも上がり、そこそこの強敵とも戦えるようになってきた。そうなると戦闘が面白くなり、どんどん強い敵に戦いを挑みたくなる。

 ドラクエでは、各メンバーにHP(ヒットポイント=体力)が割り当てられており、HPがゼロになるとそのメンバーは死んでしまう。プレーヤーは体力回復の呪文を使ったり、町の宿屋に泊まったりして、メンバーのHPがゼロにならないよう気を配りながら旅を続ける必要がある。

 「ドラクエの世界っていいよね。残りHPが『300』でも『1』でも、メンバーのパフォーマンスは変わらないし。ギリギリまで頑張れちゃう」

 舞子の言うとおり、ドラクエの世界の住人は体力が全快の状態でも、HPが「1」という瀕死状態でも、攻撃力や素早さなどのパフォーマンスは変わらないのだ。極限まで無茶できる。

―――――

 翌日。じわりじわり、購買システムチームの仕事が忙しくなってきた。先週、購買システムに新たな機能が追加された。リリースから1週間、徐々に初期トラブルが顕在化し、ユーザーへの影響が出てくる時期だ。

 ユーザートラブルの対応や運用対処は、すけさんの得意分野。購買部出身の3年目。業務に精通していることもあり、どうしてもメンバー一同、すけさんを頼ってしまう。

 その日も、アーサーとアキナは定時で帰宅したものの、舞子とすけさんは遅くまで残業していた。

 「すけさん、ゴメン。残業続きになってしまっているけれど、大丈夫?」

 栄養ドリンクを差し出しがてら、舞子は部下の様子を伺う。

 「僕は大丈夫ですよ。これでも学生時代は柔道やっていましたからね。体力には自信があるんです」

 いつも僧侶のように穏やかな、すけさん。マイペースだが文句を1つも言わず、遅くまで頑張ってくれている。気が付けば、舞子とすけさんだけが終電で帰宅。そんな日が、しばらく続いた。

 そして、ある日の朝、事件は突然起こる。

 その日、舞子は11時過ぎに出社した。朝イチでグループ会社に立ち寄っていたためだ。フロアに到着した舞子。何だかいつもと様子が違うことに気付く。すけさんの姿がない。キョロキョロする舞子。そこに、アキナがやって来た。

 「舞子さん。大変です。朝、別所さんの奥様からお電話があって…。別所さん、通勤途中にめまいで倒れて入院しちゃったらしいです…」

 「うそっ!?あの、すけさんが?昨日までなんともなかったのに…」

 アキナの言葉をにわかには信じられなかった。昨日の夜も「あはは、大丈夫ですよ」なんて言いながら、一緒に仕事していたのに。一体、どうして!?

 舞子は顔からサーッと血の気が引くのを感じた。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら