何ターンで倒せたか?
イラスト:湊川あい
[画像のクリックで拡大表示]

 舞子のチームに配属になった新入社員の日野秋菜(アキナ)。初日はいきなりクレーマーの電話対応でめげそうになったものの、舞子の取り計らいでなんとか事なきを得た。電話対応は少々厳しそうだったので、アキナにはしばらくメールでのユーザー対応(問い合わせ、申請、クレーム対応など)をやってもらうことにした。今日は朝からニコニコとメールを打っている。

 「アキナには優しいんすね、舞子さん。俺にももっとソフトに接して欲しいなぁ…」

 今朝も遅刻したアーサーが、減らず口をたたく。

 「あんたね。そういうことは、ちゃんと朝出社してから言いなさい!」

 「やべ。ヤブヘビだった」と言いたげな表情で、アーサーは舞子から目をそらした。

 アキナの仕事のやり方を見ていて1つ気になることがあった。やり取りが多すぎるのだ。

 パスワード忘れ、ユーザーの属性情報の変更など、簡易な問い合わせに対して何度もメールをやり取りしている。これでは相手(ユーザー)ももどかしい。

 もちろん、一発で決められることもあるようなのだが、どうもムラがある。

 ――これでは非効率だし、なかなか成長しないな…。

 舞子はアキナの後ろに立って腕組みする。これから舞子のチームは、購買システムのグループ会社展開など大きなイベントも控えている。アキナにも早く成長して戦力になってほしい。

 ――ううむ。どう指導したものか…。

 帰り道。舞子は月明かりを背に受けながら、考えあぐねた。

―――――

 答えが出ぬまま、自宅にたどり着く。今日のお仕事終了!シャワーを浴び、身も心も普段着に着替える。

 さて、ドラクエIIIの続きをやろう。

 パーティー4人のレベルもだいぶ上がり、格段に強くなってきた。敵と出会う。大きなこん棒を持った巨大モンスターが2匹、画面いっぱいに現われた。

 つい2、3日前までは、このモンスターを倒すのに6ターンくらいかかったが、いつの間にやら3ターンで倒せるようになっていた。あっさり戦闘終了。パーティーの成長を実感する。

 「ん、そういえば…!?」

 ふとつぶやく舞子。

 「アキナはユーザー対応…何ターンで終えられているのかしら?」

 舞子は飲みかけの梅酒ソーダを片手に、天井を仰いだ。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら