新入社員がやってきた
イラスト:湊川あい
[画像のクリックで拡大表示]

「はじめまして。日野 秋菜(ひの あきな)と申します。今日からよろしくお願いします!」

 週明け。職場の空気が少し明るくなった。舞子のチームに新入社員が配属されたのだ。女子大を卒業したばかりの文系女子。若い子が1人いるだけで、景色が変わる。

 舞子は、人事部から渡された申し送りメモをチラ見した。

 『日野 秋菜。愛想よく、コミュニケーションにも問題は見られない。ただし、指示待ちで、他責傾向。おっとり、のんびりしたところがある』

 ――ううん。いかにもイマドキの新入社員といった感じだな。

 ひとまず、指導はアーサーに任せようと思って振り向く。が、肝心のアーサーの姿がない。そのとき、オフィスの扉が勢いよく開いた。

 「すみません!舞子さん、また寝坊しましたっ!」

 髪をふり乱して自席に滑り込むアーサー。舞子の頭に血が上る。

 「あのね。アーサー、今月これで何度目?新入社員の日野さんも来たんだし、いい加減しっかりしなさいよ!」

 怒号がフロアに響き渡った。課長代理の突然の剣幕に、ポカンとするアキナ。でも次の瞬間…

「わぁ。なんだか、ドラマのワンシーンを見ているみたいです」

 すぐに、ニコニコと微笑んだ。その無邪気さに、舞子もそれ以上怒るのをやめた。

 「アキナちゃん、まずはこの遅刻センパイに付いて、基本的な仕事を覚えてもらえるかな?」

 優しいトーンで接する舞子。

 「はい!頑張ります!」

 こうして、新しい仲間が加わった。ところが、その日の夕方…

 「舞子さん…私…この仕事、ムリです!」

 アキナは、今にも泣き出しそうな顔で、舞子のところにやってきた。一体何があったというのだろう?

 舞子はキーボードを打つ手を止めて、話を聞こうとした。が、アキナはそのままフロアを飛び出して、どこかへ行ってしまった。

 ――え?え?

 まったく状況が飲み込めない。舞子はアーサーを手招きした。

 「ねえ、一体彼女に何があったの?説明して」

 「あ…、えーと、手始めにユーザー対応をやってもらおうと思って、電話の応対をしてもらってたんですけどね」

 ポリポリと頭をかきながら説明するアーサー。それだけで泣いて飛び出す事態になるとは思えない。

 「最初は、楽しそうに対応していたんですよ。なので、大丈夫かなと思いましてね…それで…」

 「それで?」

 舞子は、問いただすように復唱した。

 「ついさっき、また電話が入ったんです。品質保証部の狩場さんから…」

 その名前を聞いた瞬間、舞子は背筋がゾゾっとなった。泣く子も黙る狩場課長。情報システム部内、いや、社内でも「超」が付くほど有名なクレーマーだ。よりによって配属初日から厄介な相手に当たったものだ。

 「で、狩場さんの対応も、そのままアキナにやらせちゃった、ってわけ?」

 「ええ。僕も面倒くさいクレーマーの対応は苦手ですし、新人ならフレッシュさで乗り切れるかな~、なんて…」

 アーサーの目が泳ぐ。舞子は、あからさまに大きなため息をついた。

 「あのさ…、レベル1の新入社員に、いきなりそれは厳しすぎやしないかい?」

 「やっぱりそうっすかねぇ。いい経験になると思ったんですが…」

 「もういいわ、私がナントカする」

 そう言って、舞子もフロアを飛び出した。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら