夜の街にも繰り出そう

 次の週。金曜日の昼下がり、舞子は横浜の桜木町の駅前広場に降り立った。海からの冷たい風が頬を打つ。ナジミ倉庫の本社は、ここから歩いて7~8分ほど。みなとみらい地区のオフィスビルの中にある。

 「来年度、アリア機械の購買システムを、グループ会社のナジミ倉庫にも導入せよ」

 先週、そのミッションを言い渡された舞子は、ナジミ倉庫の情報システム室長をドアノックする前に、ひとまず課長の林と、その部下に話をしに行くことにした。

 たまには外出もいいものだ。大きな観覧車をチラチラと仰ぎながら、舞子はペデストリアンデッキの動く歩道を、いつもよりゆっくりとしたペースで歩く。

 「並木さん…ですか?情報システム室の林です。わざわざご足労いただき、ありがとうございます」

 受付に濃紺のスーツを着た男が現れた。中肉中背、ところどころ白髪が交じっている。年は30後半から40ちょっとといったところか。林の横には、舞子より少し年下と思しき女性が、ニコニコして立っている。ドッド柄のベージュのワンピースが爽やかだ。

 「堀口と申します。林の下で、システム企画を担当しています。どうぞよろしくお願いします」

 舞子は二人にお辞儀をし、オフィスに入る。

 「ええと、応接室が取れなくてですね…すみませんが、そこのオープンスペースでお願いします」

 挨拶もそこそこに、舞子は林に導かれて入り口付近の打ち合わせコーナーに入った。堀口も後に続く。

 「アリアの購買システムの導入ですか。ちょっとそれは…正直厳しそうですね…」

 「と、おっしゃいますと?」

 難色を示す林に、舞子は素早く切り返す。

 「購買システムは、うちは既にパッケージを使っていましてね。で、それをもうしばらく使い続けることになりそうなんですよ。今のサーバーを更改する計画で、来年度の予算も組み始めています」

 よくある話だ。舞子はさほど驚くこともなく続ける。

 「状況は分かりました。でも、アリアグループのガバナンス(統制)と全体最適の観点で進めろと、先日の経営会議で決まったようなのです」

 ひとまず、教科書をなぞるような説明を試みる。

 「それは分かるんですけれど。うちの事情もありましてねぇ…」

 アリアグループでは、歴史的に親会社のアリア機械よりもグループ子会社の声が強い。とくに、ナジミ倉庫は元アリアの「うるさ型」OBが多く、ひと癖もふた癖もあると悪名高い。ガバナンスだの全体最適だの、そんな美辞麗句が通じる相手ではなさそうだ。

 「来年度からいきなりってのは現実的じゃないなぁ…。そうだよね、堀口さん?」

 林は、隣の堀口に同意を求める。

 「そうですねぇ…でも、既存システムの継続もまだ本決まりではないので、何とでもなると思いますが」

 「いや、それはないでしょ…」

 堀口のレスポンスに、林が異を唱えた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら